ENISHI CORPORATION リノくら
GALLERYリノベーション事例

開放感を演出する工夫の詰まった住まい

開放感たっぷりの間取術がとても参考になる、アイランドキッチンのある約70㎡の2LDKの住まい。

木をベースに、アイアン調やダークグレーを加え落ち着いたカフェテイストに仕上げたこちらの住まい。
天井には、ウッドパネルをあえてまだらな模様にすることで木の風合いが引き出されています。

また、リビングの一角には造作デスクを設置して、ワークスペースを作っています。
ほんの半畳あればできるワークスペースはリノベーションでもご要望が多く、
完全な個室ではなくリビング内にある点も家族とコミュニケーションをとりやすいと人気です。

オールステンレスが際立つ重厚感あるキッチンは、アイランドキッチンとレンジフード、冷蔵庫のステンレスの統一感と、ウッド×タイルのバランス感が絶妙。また、ダークな壁で、ともすると暗くなりがちなキッチンが明るく見えるのは、優しい風合いのカップボードが効いているから。どこから見てもバランスが絶妙で美しいキッチンです。

キッチンの壁面には棚を設置し、
レンジやコーヒーグッズなどインテリアとしても映えるアイテムをディスプレイ。
オープン収納はオシャレなだけでなく、扉を開け閉めする必要がなく作業効率も◎。
造作棚は木×アイアン製ブラケットでクールな印象です。

そしてこちらの住まいでは、「せっかくリノベーションするなら!」と、全面ガラス戸で開放感を演出。
実は扉もお部屋の印象を大きく変えるアイテム。全面ガラス戸で、音は閉じつつ視界は広くできます。
更に、空間を広く見せるテクニックは床にも。
廊下からリビングは全て同じ無垢材フローリングを使用していますが、こうして同じ素材かつ縦方向に貼ると、どこまでも続くような広さを演出できます。床を全て揃えるのも広く見せるテクニックの一つです。

居住者構成
ご夫婦二人
所在地
東京都江東区
専有面積
69.08㎡
間取り
2LDK
リノベーション箇所
フルリノベーション
工期
2.5カ月
リノベ費用
920万円
※掲載の写真には、一部お客様所有の家具などが含まれ ている場合があります。

BEFORE

AFTER