ENISHI CORPORATION リノくら
GALLERYリノベーション事例

「土間と内装窓」のある暮らし。

今回ご紹介する K様邸は、「やりたい部分だけ」をアップグレードする「追加」リノベ。

リノベーション済みの物件を購入したので、既存のものは活かしながら、K様ご夫妻にとっての「居心地の良さ」と「暮らしやすさ」に徹底的にこだわった空間作りを叶えるため、玄関と居室の一部を「追加」でリノベーションしました。

部分的に自分仕様にしたい、でも新築同様がいいという方には、リノベ済み物件×追加リノベがおすすめです。

リノベ済みマンションのメリットは、既に快適なリノベーションが施されていること。そこに追加リノベで自分仕様に変えることで、通常のリノベーションよりも手間や時間を省け、工期を縮められるのも追加リノベの魅力です。

▼「追加」リノベ前のリビングの様子。既に新築同様の快適な空間になっていますが…

K様ご夫妻はこちらのお部屋を見た時、「間取りがどうも気に入らないな」と感じたそうです。部屋が必要以上に細かく分かれていたり、ダブルベッドが置ける部屋を主寝室にしようとすると窓がなく、閉塞感を感じたり…また、狭い玄関や収納の少なさも気になっていたとこのこと。

▼「追加」リノベ前の間取り図

「追加」リノベによりK様ご夫妻が叶えたかった「暮らしやすさ」とは…

・玄関を広くして収納スペースとバルコニーからの風の通り道を確保、仕上げは雰囲気が好きだった土間(DOMA)の左官塗りに。

・LDKから主寝室へ、さらに廊下へと通り抜けられる、回遊性に優れたウォークスルークローゼットをしつらえ、そこに収納を集約。あわせて主寝室を拡張、そこに内装窓を設置したことで閉塞感を解消。

・冷蔵庫置場の確保とキッチン裏の壁一面に可動棚をしつらえることでキッチンまわりの機能性アップを。

 

K様ご夫妻の「理想の住空間」をカタチにすべく、お打ち合わせを重ね、ついに完成したのがこちら。

お引渡しの日、出来上がりを嬉しそうにご覧になっているお2人のお顔がとても印象的でした。

▲お料理をしながらも会話を楽しめる対面式のカウンターキッチン。「人が集まれる空間を作りたかったんです」とはK様談。
▲ガラス戸でLDKと緩やかに仕切られたワークスペースはちょうど良い距離感が保たれた「プライベート空間」。休日にはホビールームとしても使えそうですね。
▲before → after もともとは1つの居室でしたが、間仕切りをセットバック、スペースを確保して玄関を拡張。土間(DOMA)仕上げの広い玄関はK様ご夫妻が最も叶えたかったこだわりの1つでした。
▲もともと居室が2つ並んでいたスペースが「広くて明るい主寝室」と「回遊性の高いウォークスルークローゼット」に生まれ変わりました。
居住者構成
K様ご夫妻ふたり暮らし
所在地
東京都小金井市
専有面積
62.11㎡
間取り
3SLDK→2SLDK+SIC+WTC(間取り変更)
リノベーション箇所
リノベ済み物件×「追加」リノベ
工期
2ヶ月
リノベ費用
約300万円 ※「追加」リノベ分
※掲載の写真には、一部お客様所有の家具などが含まれ ている場合があります。

BEFORE

AFTER