「ホテルライク」のある暮らし。

「ホテルライク」のある暮らし。

#CAFE #MODERN

今回ご紹介するS様邸は、「所有物件をリノベーション」されたケースです。

もともとS様所有の物件で人気の港区、さらに最寄駅から徒歩5分!という好立地にあります。

今までは賃貸に出されていましたが、借主さんの退去を機に「セカンドハウスとして自分たちで使いたい」と、リノベプラン提案のご依頼をいただきました。

ふだんは都外のメインハウスにお住まいですが、役員を務められている会社が東京にある関係で東京に滞在する機会も多く、かねてから「お気に入りのホテルのように使える」セカンドハウスが欲しいとお考えでした。

そんな経緯から、リノベプランのイメージをお伺いしたところ、返ってきたのはずばり、「デザイナーズホテルのような格好いい空間を。細かいところはお任せで。」というお答えでした。

「S様のイメージを汲み取り、満足いただけるご提案がしたい」と、設計担当は悩みながらも必死に考え、お部屋はもちろん、照明計画に至るまでプランニングしました。

そして迎えたプランご提出の日。返ってきたのは「OK!ENISHIに決めた。」のひと言。とても気に入っていただき、照明計画も含めたご提案内容をほとんど変更することなくプランが確定しました。

約2ヶ月の工事の末、ついに完成したのがこちら。

競合他社さんもいた今回のご依頼。後日、S様から「ENISHIに決めていただいた理由」を「自分たちのニーズに最もマッチした提案をくれたから」との嬉しいお言葉をいただくことができました。

S様:「毎日使うわけじゃないからバスタブは不要、シャワールームがあればいい。収納も必要最低限あればいい。それよりも、せっかくなら非日常を楽しみたいんだ。部屋の主役を張れるほどのデザイン性の高いキッチンや格好いい照明。2人ならんで窓から夜景を眺めながらバータイムが愉しめるカウンターなんかいいよね。そんな提案が盛り込まれたプランが気に入ったんだ。」

お引渡しの日、出来上がりを嬉しそうにご覧になっているお2人のお顔がとても印象的でした。

「ホテルライク」のある暮らし。

▲デザイン性の高いキッチンが一番のお気に入り。
もともとは壁付けのミニキッチンでしたが、料理中でも会話が楽しめるよう対面式に変更。
ちょっとしたおつまみを作りながら奥様とのバルタイムを愉しまれるのだとか。

「ホテルライク」のある暮らし。

▲奥様のご希望でしつらえた独立型洗面化粧台。ミラー側面から間接的に照らされる優しい光がお気に入りとのこと。

  • 「ホテルライク」のある暮らし。

    ▲left:意匠性の高いシーリングライトは夜の時間をリラックスして過ごせる空間をイメージ。
    ▲right:壁に映る陰影が美しいペンダントライト。

  • 「ホテルライク」のある暮らし。

    ▲before → after
    今回新しくしつらえた造作カウンター。お2人ならんで窓から夜景を眺めながら素敵なバータイムをお愉しみください。

Information

居住者構成:
S様ご夫婦+ワンちゃん
所在地:
東京都港区
面積:
38.00㎡
間取り:
1R
工期:
2ヶ月
ご予算:
810万円
Infomation
  • twitterつぶやく
  • facebookシェアする