「男前インダストリアルなブルックリン」のある暮らし。

「男前インダストリアルなブルックリン」のある暮らし。

#INDUSTRIAL #VINTAGE

今回ご紹介する B様邸は、「やりたい部分だけ」をアップグレードする「追加」リノベ。

リノベーション済みの物件を購入したので、既存のものは活かしながら、居心地とご自身の「好き」に徹底的にこだわった空間作りを叶えるため、リビング部分を「追加」でリノベーションしました。

 

部分的に自分仕様にしたい、でも新築同様がいいという方には、リノベ済み物件×追加リノベがおすすめです。

リノベ済みマンションのメリットは、既に快適なリノベーションが施されていること。そこに追加リノベで自分仕様に変えることで、通常のリノベーションよりも手間や時間を省け、工期を縮められるのも追加リノベの魅力です。

 

B様はこちらのお部屋を見た時、「なんか狭いな」という印象を受けたそうです。原因はLDKと隣接する洋室が可動式間仕切りで区切られていたことと、配管などが見えないように下げられた天井高でした。

▲「追加」リノベ前のリビングの様子。既に新築同様の快適な空間になっています。

またB様はもともと無骨さが魅力の「ブルックリンスタイル」がお好きだったことから、いっそのこと天井を取り払って配管をむき出しにすることでインダストリアルな雰囲気に、さらにLDKと洋室の間仕切りもなくし開放感のある広いLDKに変更、目指すイメージは「THE ブルックリンスタイル」でという方向でプランをスタートしました。

B様のこだわりを叶えるべく、お打ち合わせを重ね、ついに完成したのがこちら。

天井高を確保するためむき出しになった配管なども逆にお部屋全体にマッチしたインダストリアルな雰囲気に、さらに間仕切りをなくしたことで「なんか狭いな」を解消。

窓側の壁一面に貼られたブリックタイルと、お部屋全体を引き締めるNORMANのウッドシャッターがブルックリンの雰囲気を感じさせる、「男前な空間」に生まれ変わりました。

お引渡しの日、出来上がりを嬉しそうにご覧になっているB様のお顔がとても印象的でした。

「男前インダストリアルなブルックリン」のある暮らし。

▲配管をむき出しにした天井にしたことでインダストリアルな雰囲気に。B様のこだわりの1つでもあるシーリングファンもお部屋の雰囲気にマッチしていて素敵です。

「男前インダストリアルなブルックリン」のある暮らし。

▲お部屋全体の「顔」と言ってもいい印象的な窓側の壁面。ブリックタイルを貼ることでアクセントクロスにはない凹凸感と、ブルックリンのアパートメントのようなレンガ壁の雰囲気を表現。

  • 「男前インダストリアルなブルックリン」のある暮らし。

    ▲壁と建具はキッチンも含めLDK全体をグレーとブラックで統一し、まとまり感を出しました。

Information

居住者構成:
30代 単身
所在地:
東京都杉並区
面積:
50.22㎡
間取り:
2LDK→1LDK(間取り変更)
ご予算:
410万円 ※「追加」リノベ分
Infomation
  • twitterつぶやく
  • facebookシェアする