「空間の奥行感」のある暮らし

「空間の奥行感」のある暮らし

#MODERN

ホワイト・ライトグレーを基調とした空間に、チャコールグレーの差し色を加え、空間の奥行感、コントラストを強調させました。

構造体である柱・筋交いは、あえて壁を抜いて露出。全体のテイストと合わせ着色し、空間のアクセントに。

こだわった部分としては、無垢フローリングを使わずにコンビタイルを使用して仕上げることで、統一感を持ったモノトーンの中にも、優しい木の表情を感じさせるという、施主様のこだわりをカタチにしました。

「空間の奥行感」のある暮らし

キッチンはメンテナンス性を考え、ステンレス板、IHクッキングヒーター、キッチンパネルを採用しました。

「空間の奥行感」のある暮らし

玄関ドアを開けると、チャコールグレーの壁紙とドアがお出迎え。全体のテーマを感じさせ、リビングに向かうのが楽しみになる家の顔となっています。

  • 「空間の奥行感」のある暮らし

    主寝室。アクセントカラーは施主様の好きなネイビーカラーを採用。

  • 「空間の奥行感」のある暮らし

    施工前(Before)

Information

居住者構成:
30代ご夫婦+お子様2人
所在地:
神奈川県横浜市
面積:
105.16㎡
工期:
3ヶ月
ご予算:
1,056万円
Infomation

関連ページ

  • twitterつぶやく
  • facebookシェアする