後悔しないために……リノベーションで考慮したいポイント

COLUMNS
2019.10.31

後悔しないために……リノベーションで考慮したいポイント

築年数が経過した建物には、見えない部分に傷みや破損があるものです。リノベーション費用を抑えるには改修箇所に優先順位をつけることも大切ですが、「住み心地」を左右する箇所については工事内容を慎重に検討しましょう。今回は、住んでから「手を入れておけばよかった」「冷静に考えればよかった」と後悔しがちなポイントをご紹介します。

 

  • 住み心地を支える「見えない部分」こそ積極的に改修を

フルリノベーションでは、部屋を仕切る壁はもちろん、配線や配管にいたるまで、内装・設備をすべて取り除きます。断熱性、遮音性の向上や耐震補強などを行うまたとない機会なので、間取りやデザイン以外の性能にもこだわりましょう。

 

▼古い物件は「断熱性」のチェックがマスト

築年数を重ねた住宅は壁の内側に断熱材が入っていなかったり、入っていても劣化して性能が落ちていたりすることがあります。断熱がしっかりなされていなければ、外部の暑さや寒さが直接室温に影響して住み心地が損なわれてしまうでしょう。また、断熱性能が低いと壁の内側や屋根裏に結露が生じることでカビや腐食の原因にもなることもあります。

 

住宅の断熱性は壁だけでなく、床や天井、屋根にも左右されますが、それらの箇所にグラスウール(ガラス繊維でできた綿状)などの断熱材を敷設すれば、断熱性と同時に遮音性も高められます。断熱性は冷暖房費にも影響するポイントなので、リノベーションの際にしっかり対策を打ちましょう。

 

▼安全のために実施したい「耐震補強」

1981年5月31日以前に建築確認申請が行われた物件は、旧耐震基準で建てられたと考えられるため、大きな災害が起きた際に倒壊のおそれもあります。旧基準で建てられた住宅はすべて危険というわけではありませんが、家族の安全のために耐震金物の取り付けや耐力壁の設置による耐震補強も視野に入れましょう。なお、旧耐震基準で建てられた住宅の耐震改修については調査、工事ともに自治体から助成を受けられる場合があります。

 

  • 内装・設備は「使いやすさ」にもこだわって

内装では、壁紙の色や床の素材に個性的なものを選んだせいで、すぐに飽きてしまったという経験談も度々聞かれます。飽きを避けるためには、壁や床の素材はシンプルなものを選び、家具やインテリアのコーディネートで雰囲気を作るようにするのがよいでしょう。

 

また、キッチンやお風呂、トイレのリノベーションで盲点になりやすいのが、導入する設備の大きさや配置です。部屋の大きさや導線を考えないと、通路の幅が狭くなり「動きにくい」「扉が開けにくい」などで不満を感じやすくなります。導入する設備はデザインやブランドだけでなく、部屋に設置した際のスペースの余裕も考えて選びましょう。

 

  • 間取りには「自由度」を残しておく

長く暮らすことを考えると「将来のために子ども部屋を作っておこう」と部屋数を増やしたくなりますが、子どもの人数が増える、親と同居が必要になるなどの想定外の事態も考えると、リノベーションの時点では必要最低限の間取りにしておくのが無難です。空間を広くとっておけば、将来新たに部屋が必要になった場合もそのスペースを利用して部屋を増やすことができます。

 

  • 理想の住まいを予算内で叶えるには?

リノベーションでは、理想の住まいを叶えようとするあまり「当初の予算を大幅にオーバーしてしまった」と費用の面で後悔される方も多くいらっしゃいます。その原因は「素材にこだわりすぎてしまった」「工事の途中で思い直して変更を行った」などさまざまですが、設計の際はデザイナーと納得できるまで話し合い、妥協する部分と、妥協できない部分でメリハリをつける工夫をしましょう。

 

エニシコーポレーションはお客様の希望を丁寧に伺い、コストにも内容にも満足のいくプランを提案いたします。東京、神奈川、千葉のリノベーションなら「施工力」「誠実な対応」そして「お客様とのコミュニケーション」の3つを大切にするエニシコーポレーションにご相談ください。