テレワークに役立つワークスペースを我が家にも !

コラム
2020.07.30

テレワークに役立つワークスペースを我が家にも !

みなさんこんにちは、ENISHIの梶房です。

最近、オフィスに通勤せずに自宅で仕事をする「テレワーク」という働き方が拡がりつつあります。
首都圏を見ると、テレワークを実施している会社は41.1%(2020年5月データ)。
新型コロナの影響もあり、今後さらに多くの会社がテレワークを導入していきそうな状況です。

仕事ができる専用の個室(書斎!)があれば確かにベストですが、
なかなかそんな贅沢に住まいを使えないのも現実。
そこで、住まいの一角をワークスペースにリノベーションするという手があります。

例えば、LDK は比較的すぐに机を設置しやすく、机を設置しても十分な広さを確保できる場合が多いですが、リラックスしたい場所に仕事を持ち込むのは・・・という方も多いはず。
そこで、ちょっとした空間をワークスペースにリノベーションした事例をごらんください。

こちらは、現在販売中の妙蓮寺の自社リノベーション物件から。
(この物件の詳細はこちらでご覧いただけます→ https://enishi168.com/estate/20200612-2/ )
リビングに隣接した洋室の一角に、オープンタイプのウォークインクローゼットを兼ねたデスクのある空間をつくりました。
ワークスペースとして以外にも、お子様のリビング学習の場としても使っていただけます。

こちらの写真は、一面クローゼットだったスペースの一角をデスクとして使えるようにリノベーションした事例。
棚板のように天板を設置し蛍光灯を付け、上部には本や書類を納められる棚をつくりました。

このように、収納として使っているスペースやデッドスペースとなっている場所がちょっとした工夫でワークスペースに変身。
新しい生活様式に合わせたワンポイント・リノベーション、みなさんも検討してみてはいかがでしょう?