【リノベーションの楽しみ】 天井だって演出できる

コラム
2021.11.18

【リノベーションの楽しみ】 天井だって演出できる

みなさんこんにちは、ENISHIの梶房です。

前回の「壁」に続いて、今回は「天井」。
天井の素材にまでこだわるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
天井によって空間の印象も大きく変わります

まずこちらは、天井に木のルーバーを用いた事例。
床は赤みかかったサクラ のフローリングで、天井との濃淡がオシャレな空間をつくっています。

 

こちらの天井はパネリング
全面ではなく部分的に使用し、張り方向に伸びていく印象を与えるデザインで広さを感じさせます
シーリングファンは、機能はもちろんデザインのアクセントとしても効果的です。

 

天井に化粧梁を貼り付けたのがこちらの空間。
白い天井から黒い梁へと、タテに奥行きを感じる空間を演出しています。

 

天井に這わせたダクトレールも、デザインの一部。
ブラックのダクトレールがアクセントになっているリビングです。

下記では、様々なタイプのリノベーション・ケーススタディをご覧いただけますので
ぜひチェックしてみてください!
https://enishi168.com/works/