【リノベーションの楽しみ】 ちょっとしたスペースに納める、飾る

コラム
2021.11.11

【リノベーションの楽しみ】 ちょっとしたスペースに納める、飾る

みなさんこんにちは、ENISHIの梶房です。
マンションリノベーションの楽しみ。
それは、室内をすべてオーダーメイドで作っていけること。
言ってみればマンション版の注文住宅。
新築マンション(=分譲住宅)では見られないような
オリジナリティあふれる空間づくりが叶います。

今回はそんなリノベーションマンションの事例の中から、
ちょっとした収納スペースづくりをご紹介します。

例えば、柱によってできてしまうデッドスペースや
躯体の構造上十分に活用できない壁面スペースなどに、ちょっとした収納棚などを設置する。
ここにあったら便利だな、と思う場所に作れるのはリノベーションだからこそ。
暮らしに合わせてアレンジできるのがリノベーションの楽しみです。

壁の前に収納棚を作るのではなく、
壁の厚みを利用して「くぼみ」を作って収納スペースを作る「ニッチ」もリノベーションならでは。
収納飾り棚として活躍します。

こちらの事例は、部屋の両側の壁に、壁をくりぬいたかのような間接照明を作り、
入り口から窓に向けてひとつの繋がりが感じるように設計したもの。
小さなカウンターのような空間ができ、小物を飾ったりしてインテリアを楽しむことができます。

居室内に設けたカウンターの裏側は優秀な収納スペース。
もとから持っているチェストを活用してキッチン収納へと変身させました。
ワインセラーも置いてあります。

下記では、様々なタイプのリノベーション・ケーススタディをご覧いただけますので
ぜひチェックしてみてください!
https://enishi168.com/works/