マンションでできること、できないこと

コラム
2020.12.15

マンションでできること、できないこと

みなさんこんにちは、ENISHIの梶房です。

前回このコーナーで、ワンストップリノベーションを使うメリットについてお話させていただきました。
中古マンションの選定に、リノベーションのプロの視点がいかに大切か、ご理解いただけたでしょうか?
今回はもう一歩詳しく、物件の具体的なチェックポイントを3つご紹介したいと思います。

1) 使える建材にどんな制限があるか?

上下左右の家と隣接するマンションでは、防音や防災に関する規定で使用する建材に制限されている場合があります。
使いたい建材が規定を満たしていないと選べない場合があるため、なるべく規定が少ないマンションがリノベーションに適しているといえるでしょう。
例えばマンションは足音などが階下に伝わらないよう、フローリング材に防音規定を設けていることが一般的ですが、求められる防音性能が高いと選べる柄や材質が狭まる可能性があります。
建材の規定によって好みのデザインや間取りが実現できないケースは多いため、購入前にチェックして規定の少ないマンションを探してみましょう。

2) 壁や柱の移動ができるか?

壁紙などで仕上げてあると違いが分かりづらいですが、マンションの室内壁や柱は移動できるものとできないものがあります。
構造的に移動不可の壁ばかりだと、間取り変更に対応できないケースもあるため注意が必要です。
基本的にマンションの構造は鉄筋コンクリート(RC)造となっていますが、室内の壁で建物を支えている場合は移動が不可能です。壁がコンクリート造かどうかは見た目だけで判断できないこともあるため、必ず図面で壁や柱が移動できるかチェックしましょう。

3) 水まわりの移動ができるか?

リノベーションを希望される方の中には、キッチンなどの水まわりにこだわりを持っている方も少なくありません。希望を叶えるためには、水まわりの位置を変更することも少なくありませんので、できればキッチン・ユニットバス・トイレ・洗面などが移動できるマンションがおすすめです。
特にキッチンは、対面やアイランド型など使いやすさにこだわると移動することが多くなります。
水まわりが移動できるかどうかは、給排水などの配管スペースや天井高といった物理的な面と、マンション規定の面が関係してきます。マンションで水まわりの移動事例があるかどうかや、管理組合への問い合わせなどをしながら確認しましょう。

ENISHIは、お客様の叶えたい暮らしに向かってスタートからお客様の想いに寄り添い、自分らしい「こだわり」のある住まいづくりをお手伝いします!
ワンストップリノベーションのメリットは、他にもまだまだたくさんありますので、
ぜひ下記のページでチェックしてみてください!
https://enishi168.com/service/