【リノベーションのメリット・デメリット】 気になるデメリットは何?

コラム
2020.08.25

【リノベーションのメリット・デメリット】 気になるデメリットは何?

みなさんこんにちは、ENISHIの梶房です。

前回のこのコーナーで、リノベーションのメリットについて改めて整理してみました。
その一方で、デメリットはないのだろうか?もちろん、気になることはいろいろありますよね。
今回はそんな「デメリット」について整理してみたいと思います。

中古マンションを購入して、それを自分のライフスタイルに合わせてつくり変える。その場合のデメリット=注意すべき点として3つのポイントが挙げられます。

●購入してもすぐには住めない

中古マンションを購入しても、それから工事が始まるわけですからすぐに住むことはできません
子どもの学校が始まるまでに引っ越したい、とか、今の賃貸マンションの更新までに、とか、当然都合がありますから、逆算しておく必要がありますね。
だいたいどれくらいかかるのか。物件購入→プラン・設計→解体→施工→引き渡し、までにかかる期間は、リノベーションの規模や内容にもよりますが、だいたい3〜6カ月といった感じでしょうか。

●物件によってできること・できないことがある

リノベーションは間取りの変更から水廻りの入れ替えまで、様々な変更が可能ですが、建物の構造によってできないこともあり得ます。例えば、柱や壁の中には構造上取り除くことができないものがありますし、管理規約によって不可とされている工事がある場合もあります。
自由自在に何でもできる、というものではないことを認識し、自分が望む工事が可能かどうかを購入にあたって確認しておく必要があります。

●最終的にいくらかかるかわかりづらい

新築マンションの場合は価格もはっきりしていますが、中古+リノベーションの場合、リノベーション部分の費用が様々な条件によって変化します。
ですので、基本的には購入する物件を決めてそれに合わせてプランをしない限り、正確な費用は算出できません。
住まいの購入には、当然予算があります。あとになって予算オーバーということにならないように気をつけなければなりません。

さて、上記に3つのデメリット=注意点を挙げましたが、これらを解決する賢い方法があります。
それは、最初からリノベーション会社とタッグを組んで進めることです。
「最初」とは「物件探しの段階から」のこと。
そうすれば、候補となる物件が出てきた段階で「できること・できないことを確認できますし、工期や費用も物件に合わせて試算してもらえる。
全てがクリアになった状態で、物件購入+リノベーションを決断できるのです。

私たちENISHIは、ワンストップリノベーションの会社。
中古住宅を購入し、その住宅にリノベーション工事を施し、自分好みの住まいにして暮らしたいお客様の希望の実現のために、資金計画や住宅ローンのアドバイスに始まり、物件探しからリノベーション工事の設計・施工、さらにアフターフォローまで自社で一貫してサービスを提供しています。
1社で一貫して行うことによって、煩雑な打合せを簡略化し、バランスの取れた『購入計画』が可能ですので、リノベーションを検討されている方はぜひ早めにご相談ください。