【リノベーション・ケーススタディ】 「リビングに書斎」 のある暮らし

コラム
2020.05.14

【リノベーション・ケーススタディ】 「リビングに書斎」 のある暮らし

みなさんこんにちは、ENISHIの梶房です。

叶えたい暮らしに合わせて住まいを変える、ENISHIのリノベーション。
どんな暮らしを叶えるために、どんなリノベーションができるのか、
今回ご紹介するケーススタディは、「書斎」をあえてリビングに隣接させたリノベーションです。

書斎といえば、静かで自分だけの閉ざされた空間というイメージをもたれる方が多いのではないでしょうか。
その書斎を、あえてリビングに持ってきたのがこちらのリノベーション。
そうすることで、リビングで遊ぶ子供の様子をみながら、家族でコミュニケーションが取りやすい空間が生まれました。

もともとの間取りは3LDK。まずはリビングに隣接していた和室をなくして、バルコニーに面した明るく広々としたリビング空間を創出。キッチンはオープンタイプに、そしてリビングの一角に仕切りを設け、書斎スペースを誕生させました。
その書斎スペースには、大きな開口部を儲けることで圧迫感の無い空間に。
内部には天井に木のパネリングを使用し、上下から包まれているような落ち着いた空間にしています。

また、壁面にさまざまな色を用いたことも特徴のひとつ
家全体が明るく楽しい印象になるように、カラーリングにこだわりました。

物件データ
オ―ナ―様:30代ご夫婦+お子様2人
所在地:東京都板橋区
面積:68.82㎡
間取り: 2LDK

下記では、様々なタイプのリノベーション・ケーススタディをご覧いただけますので
ぜひチェックしてみてください!
https://enishi168.com/works/