ホーム > リノベーション > コラム > リノベーションの費用の相場を項目ごとにご紹介!

リノベーションの費用の相場を項目ごとにご紹介!

古くなった物件を現代風にリノベーションすれば、新築より費用を抑えてよりよい暮らしが実現できます。しかし、その費用は建物の広さや老朽化の度合いによって左右されるので、一概にいくらということができないのが難点です。さまざまな工事の費用相場から、ご自宅のリノベーションにかかる費用をざっくり計算してみましょう。

●リノベーションにかかる費用の概算

建物のリノベーションにかかる費用は、既存の建物にどこまで手を入れるかによって変動します。エニシコーポレーションの施工実績の目安としては、中古マンションで500~700万円、中古一戸建てなら600~1200万円がリノベーション費用のボリュームゾーンとなっています。

マンションリノベーションにおいて一番大がかりな工事は、基礎補強や柱、梁などの構造体に手を入れ、間取りから水回りに至るまで配置を換える「スケルトンリフォーム」です。キッチンやお風呂など水回りの位置を変える場合は、床下を二重構造にして給排水管を敷く工事が必要になり、それだけで費用は数百万円かかります。費用総額は1000万円前後になるでしょう。

既存の壁や設備などを活かしてリノベーションする場合は、費用は300~500万円とスケルトンリフォームよりコンパクトに抑えられます。ただし、扉やガラス窓の設置や、タイルを床や壁に貼る工事を行う場合は金額の変動が大きくなることを頭に入れておきましょう。住み心地をよくするだけでなく、「リゾート風」などのコンセプトを持って床材や壁材、照明のデザインにこだわるなら、同じ施工面積でも100~200万円ほど追加で費用がかかります。

●リノベーション費用の内訳は?

リノベーション費用には、「使用する資材・設備の費用」のほかに、「施工する職人や現場監督の人件費」「デザインにかかる費用」などが含まれます。住み心地の悪くなった家がリノベーションで生まれ変わるまでには、デザイン、解体、木工事、配管などの各工程を専門の工務店や職人に依頼する必要があるため、手を入れる箇所が多いほど費用が高くなります。

●工事の部位と内容別・価格の目安

導入する設備のメーカーや、材質、デザインなどにこだわる場合、費用の変動は大きくなりますが、ベーシックな設備であれば以下のような目安の費用から工事にかかる費用を計算できます。

既存の設備を新しいものに交換する場合の費用は次のようになります。

部位 内容 費用
洋室(12畳) クロス交換(壁・天井) 10万円~
フローリング張り替え 20万円~
床暖房(温水式) 40万円~
和室(6畳) 内装(ふすま・壁紙・畳)交換 20万円~
洋室への変更 50万円~
キッチン ビルトインオーブン・コンロ等の交換 10万円~
システムキッチン交換 50万円~
レイアウト変更 100万円~
浴室 水栓交換 3万円~
バスタブ交換 30万円~
ユニットバス交換 100万円~
トイレ 便座(温水洗浄便座機能付)交換 10万円~
内装一式交換 15万円~
洗面室 洗面台交換 10万円~
レイアウト変更 15万円~

また、リノベーションにかかる費用は次のような要素によっても変動します。

物件の広さ 施工面積が広いほど多くの資材が必要になり、作業量も多くなります。
地域 建物が所在する地域によって材料費や職人の工賃が異なります。
物件の階数 マンションの場合、高層階になるほど資材運搬のための費用が上がります。

リノベーションにかかる費用は専門家でないと判断できない要素も多いので、予算の相談を兼ねて、一度業者に見積りを依頼してみてはいかがでしょうか?

●リノベーションの費用を予算内に抑えるコツ

限られた予算で満足のいくリノベーションを実現するには、手を入れる箇所と手入れの程度に優先順位をつけることが大切です。各工事にかかる費用はデザイン(設計)によっても大きく変わるので、リノベーション業者に見積もりを依頼する時点で予算を伝えておくとよいでしょう。

東京、神奈川、千葉の中古マンションのリノベーションなら、エニシコーポレーションにご相談ください。お客様の「こだわり」を大切にしたプランニングで、住まいへの「想い」を形に変えるお手伝いをさせていただきます。初回見積りは無料で承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ