ホーム > リノベーション > コラム > リノベーションで断熱性を高める工事は必要?

リノベーションで断熱性を高める工事は必要?


もともと断熱性能が高い物件に住んでいる方は気にしたことがないかもしれませんが、昔ながらの家は夏暑く、冬寒いもの。築年数の古い家や古民家をリノベーションする際は「断熱性」を高める工事が不可欠です。ここでは、リノベーションで断熱性を高めるメリットや詳しい工事の方法を紹介します。

●古い家が夏熱く、冬寒いのはなぜ?

昔ながらの木造建築が外気の影響を受けやすいのには大きく3つの原因があります。1つ目は、壁の中に空気の通り道を塞ぐ「気流止め」という構造がないこと。気流止めがないと、床下の冷たい空気が壁の中を通るので、冬は暖房をつけても冷たい壁に温度を奪われてしまいます。

2つ目の原因は、壁に断熱材が入っていない、または劣化していること。メンテナンスが行き届いていない中古物件では、断熱材が入っていても、水分を含んで壁から落ちていたり、カビなどでボロボロになったりしているケースが珍しくありません。断熱材の機能が不十分だと、当然夏には暑さ、冬には寒さがダイレクトに室内に伝わってしまいます。

3つ目は、経年劣化によって建物に歪みが生じていること。隙間から冷たい外気が入り込むと断熱性能の低い部屋の中で余計に寒さを感じることになります。これらのことから、築年数が古い家のリノベーションを行う際は、断熱性を高める工事を行うことが望ましいといえます。

●断熱性を高めるメリット

リノベーションの際に断熱性を高めることには、部屋の快適さを向上させるほかにも次のようなメリットがあります。

▼無駄な光熱費が浮く

冷暖房が早く効くようになり、空気が外に逃げないので快適な温度を長く維持できます。その結果、断熱性を高める前より冷暖房にかける光熱費を削減できるでしょう。

▼建材の劣化が防げる

壁や屋根の断熱がしっかりなされていないと、壁の内側や屋根裏に結露が生じ、柱や土台が腐食する原因となります。柱や土台が劣化すると建物の強度も失われてしまうので、家に安心して住み続けるためにも断熱性を高める工事が有効です。

●断熱性を高める手段とその費用

ここでは断熱性を高めるために効果的なリフォームの方法を3つ紹介します。6畳の部屋を工事した場合の費用も掲載しているので、家の断熱性にお悩みの方はご予算と合わせて手段をご検討ください。

▼断熱ボードやグラスウールの設置(5~10万円)

壁や天井は断熱効果の高いボードを隙間なく敷き詰めることで断熱性能が向上します。ただし、ボード同士の継ぎ目に隙間があると断熱性能が落ちてしまいます。そのため、既存の下地材の間などに設置するなら、断熱ボードより形状に融通が利く「グラスウール」が向いているでしょう。

また、中古マンションや団地のリノベーションでは、床を二重にする「置き床工法」がよく用いられますが、このとき床下に生まれるスペースに断熱材を敷き詰めれば、床の断熱性を向上させることができます。こちらも6畳の部屋の場合5~10万円程度で施工可能です。

▼発泡ウレタンによる断熱(30~40万円)

家の天井、壁、床など、部屋を囲む構造一面に発泡ウレタンを吹きつける工事も断熱性能を高める効果があります。ボードやグラスウールと異なり、継ぎ目なく断熱できるのがメリットです。

▼窓の断熱(10~30万円程度)

古い家では熱を伝えやすいアルミサッシがよく用いられていましたが、これを高気密の窓サッシや二重サッシなどに変更すれば外気の影響を受けにくくなります。ガラス窓本体も、熱を伝えにくい「複層ガラス」を選ぶと結露対策にもつながります。

●断熱性を向上させて快適な暮らしを

断熱性を高める工事は壁や床に手を入れるものなので、引っ越してから工事をするとなると時間や費用がかかります。費用や工期を削減するために、ほかのリノベーションと同時に行いましょう。部屋数や面積が増えると費用はかさみますが、断熱性を高めることで光熱費が浮くことを考えると、長い目で見れば安い出費ではないでしょうか。

東京、神奈川、千葉で中古物件のリノベーションをお考えなら、お客様とのコミュニケーションを大切にするエニシコーポレーションにご相談ください。費用や工期に関するお客様のご希望を伺い、デザイン性と機能性の両方にこだわったリノベーションを提案いたします。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ