ホーム > リノベーション > コラム > 毎日のバスタイムをもっと快適に

毎日のバスタイムをもっと快適に

6a1d0dcb08ca8da4a3a3f5627227a0d5_m

 

バスルームは、一日の疲れをすっきりと洗い流し心と身体を癒してくれる大切なリラックスできる場所です。

バスルームでゆっくりと自分だけの時間を楽しむ方も多いでしょう。

しかし、キレイだったバスルームも経年劣化すると見た目の悪さだけでなく、水漏れなどの心配も出てきます。そんな時は、思い切ってバスルームを自分の思い描く理想の形にリノベーションしてみるのがいいでしょう。

 

快適で自分好みのバスルームでリラックスするひと時は至福の時間です。

とは言っても、見た目はそれほど劣化していない場合などは、タイミングが分からない、という方も少なくないでしょう。実際に床や壁にヒビ割れがある、水が外壁に染み出しているといった目に見える不具合は分かりやすいですが、掃除などが行き届きキレイなお風呂になるとタイミングは分かりにくいものです。

 

そんな時目安として、防水の寿命は20年とされています。見た目はキレイに見えても、築20年を超えたらバスルーム全体の交換を検討した方が良いでしょう。

 

経年劣化と言って、土台の腐食や、防水コーキングの隙間からの水の漏れ、シロアリがつきやすくなる等の劣化が見られるようになるからです。特に、マンションなどの集合住宅にお住まいの場合は、階下への漏水の心配も出てきます。

また、排水溝などの臭いが気になる、水が流れにくい、蛇口などからぽたぽた音がする、などの不調のサインが出始めるのもこの時期です。

これは給排水配管の劣化が原因と見られます。

 

一方、給湯器やシャワー、蛇口などの設備機器の交換の目安は10年と言われています。それを越すと不調が起こりやすく故障しやすくなるからです。温度調節の効きが悪い、給湯器の着火音が気になる、そんな症状が出始めたら交換を検討してください。

 

住宅設備は、ここ近年急速に進化をし続けています。

性能やデザイン性が優れているということもありますが、何より省エネ仕様になってきているので、古い設備をそのまま使っているよりも長い目で見ると水道光熱費などがコストダウンし、お得かもしれません。

 

そろそろバスルームのリノベーションをしよう、そう思ったらまず最初におおまかに自分の理想のバスルームをプランニングしましょう。自分の理想のバスルームの姿や使いやすさなどを考えながらプランを立てていきます。リノベーションですから今までのバスルームで気に入っていた箇所は残しつつ新しいアイデアを加えるということも可能です。

おおまかなプランニングができたら、リフォーム会社に相談をしましょう。まずは、リフォーム会社にリノベーション予定のバスルームを見せて、実用的に直さなくてはならない箇所や、給湯器、給排水管などのチェックをしてもらいます。その上で、自分の立てた理想のバスルームプランやバスタイムを豊かにするために追加したいオプションなどを伝え、工事のプランを考えていきます。

 

しかし、数あるリフォーム会社の中で、ここにお願いしたい、という信頼できる会社を見つけるのは難しいでしょう。そのような時は、まず見積もりを2~3社に出してもらい比較検討するようにしましょう。

自分の予算内で希望が叶えられるプランを実現するために、広告やネットなどでこれは、と思った会社に相見積もりを取り比較検討することはとても大事です。

大切なお金をかけて夢のバスルームにリノベーションするわけですから、見積もりの際の様子や工事プラン、予算などをよく見て、経験豊富で真摯に親身になってくれる会社を選びたいものです。

 

ここでリノベーションをお願いする会社が決定すると早速夢のバスルームのプランの詳細を色々と決定していく作業に入ります。ショールームへ見学に行ったり、カタログを見たりしながら使用する製品などを決め、オプションなども選んでいきます。

この作業は、リノベーションの担当者と一緒に行うことが望ましいので、分からないことなどはどんどん質問して理想のバスルーム作りに取り組みましょう。大切な費用の面も、オプションをつけるといくら費用がかかるか、浴槽の大きさや色様々な設備の操作性などもしっかり確認しておきたいものです。

リノベーションなので、今まであった自分のバスルームの素晴らしい点は残すことも可能です。

中には、中庭の美しい緑とさんさんと降り注ぐ太陽の光の下でバスタイムを過ごしたい、とバスルームの壁をガラス張りにしたり、掃除のしやすさや水はけの良さから多くの人が選ぶ浴槽のタイルをあえて木にして大きな窓から見える周囲の森と共存しているような気分になるバスルームを作っている方います。

 

新しいバスルームの壁は一般的に古い壁に新しいタイルを貼ったりすることでキレイに仕上げていきますが、その壁を取り払ったり、また、何もなかったところに新しい壁を作ったりすることでバスルームの形を様々に変えていくことも可能です。

このように、バスルームのリノベーションには無限の可能性があり、デザイン性も機能もとても自由になっています。そんなバスルームのリノベーションですが、建物の構造の理由によって出来ることと出来ないことがあるのは事実です。

特に、マンションなどの集合住宅にお住まいの方は規約で工事が禁止されている、共用部分に手を加えてはならない等の問題がありますので確認が必要です。

 

 

ここ数十年の間に建築の設備は素晴らしく大きく発展しました。従来の古い設備をバスルームに使っている方はそれらを最新のものに取り換えることで進化を感じることができるでしょう。また、最新の設備だけではなく、配管をわざと見せ、照明や収納にメタル素材を使用することでオシャレなバスルームを演出することもできます。

 

自分だけの夢のバスルームを手に入れるためには、シャワーや蛇口なども、最新型というだけではなく自分のイメージに合ったスタイルをチョイスすることも大切です。毎日のリラックスのためには、新しいバスルームにデコレーションを施したり、季節ごとにぴったりの飾りを置いたりすることによってより素晴らしい空間になるでしょう。

 

こだわりのバスルームのリノベーションで、とっておきのリラックスバスタイムを楽しみましょう。

 

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ