ホーム > リノベーション > コラム > ユニバーサルデザインの住宅費用はどれぐらい?リノベーションがおすすめな理由

ユニバーサルデザインの住宅費用はどれぐらい?リノベーションがおすすめな理由

422401

老後の生活を気にする人が増えてきた

老後も快適に住める住宅を手に入れたい人は増えてきています。

年金生活になると賃貸住宅を借りるのも難しくなりやすく、家賃が生計の重荷になることは否めません。

マイホームブームが起こって、多くの人がマンションや一戸建てを購入するようになったのも、老後まで住める家を計画的に購入し、住まいに困らない人生を送れるようにしようという気持ちの表れと言えるでしょう。

こういった傾向は、年金が本当に十分に手に入るかどうかわからないという不安から、老後資金の準備が大きな課題になっているのが根本的な原因として考えられます。

いつまで同じ家で暮らせるかという不安

しかし、マイホームを手に入れた人も、本当にこの家にいつまでも住めるのかと疑問に思うことが多くなりました。

これは、若い今は快適に住めても、老後になっても快適な生活を送れるとは限らないという事実が認識されるようになったからです。

ユニバーサルデザインの考え方が社会的に広まってきた影響で、老後になるとわずかな段差につまずくようになってしまうことも多く、階段の昇り降りも厳しくなるといったことがよく知られるようになりました。

車椅子を使うようになると、家の中でも車椅子で生活できる状態にしなければなりません。

そのような観点から今の家を見てみると十分とは言えないと気づいてしまうケースが増えてきているのです。

このようなときに向けてどうしたら良いかと悩みがちになります。

 

ユニバーサルデザインにするならリノベーションがおすすめ

効果的な対策として考えてみると良いのがユニバーサルデザインへのリノベーションです。

選択肢としては、以下の3つが代表的なものです。

・今の家を売ってしまって新しい家を購入する

・取り壊してしまって建て替える

・リノベーションによって老後でも住みやすいように作り変える

コスパが高いのがリノベーション

最も費用が安くて済むのがリノベーションです。

売買や建て替えはリノベーションに比べると費用がかかりがちです。

既にマイホームを購入したり建てたりしている場合には住宅ローンを使用していることも多く、老後対策をするためにさらに費用をかけなければならないのは生活に支障を与えかねません。

既に完済してしまっているときにも大きな費用がかかると老後までローンを返済しなければならなくなることもあり、老後の生活を苦しくしてしまうリスクがあります。

まだローンが残っているときにはローンの借り換えをすることで費用を工面できますが、その費用を最小限に抑えておかないと毎月の返済額が多すぎたり、老後まで返済を続けるのを余儀なくされたりするでしょう。

その点で費用を抑えやすいリノベーションが優れています。

慣れ親しんだ家を引き継げる

また、リノベーションによって老後対策をするメリットとして、施工内容の選び方次第で、今まで住んで慣れてきた住宅からかけ離れてしまわない範囲でユニバーサルデザインにできるという点が挙げられます。

住宅としての骨格だけを残して全てを入れ替えてしまうことも理論的には可能なのがリノベーションです。

しかし、大まかな間取りは残しておいて必要な箇所だけ本格的に手を入れて改良するということもできます。

慣れ親しんできた家を手放したくないという気持ちがある人にとっては特に魅力がある点でしょう。

リノベーションを依頼する業者との相談次第で、できるだけ元の姿を残すようにすることは難しくありません。

それによって費用をさらに削減できてメリットの大きい老後対策にできる可能性があるのです。

中古住宅のリノベーションもあり

別の観点からのメリットとして中古住宅を購入してリノベーションするという方法もあります。

マイホームを持っていないときや、老後の生活を送るには広すぎるという場合には新しい住宅を探すのは良い方法です。

中古住宅なら安く購入できるため、やはり費用を削減しやすいメリットがあります。

中古住宅の場合にはまだユニバーサルデザインの考え方が広まっていなかった時代のものが多く、老後の生活に適していないものも多いのが実情です。

しかし、リノベーションをして作り変えてしまえば問題ありません。

中古住宅は流通量も多いので住みやすい地域を選んで老後の住居を手に入れやすいのも魅力です。

耐久性では新築と比べて劣る

一方、リノベーションの場合に問題になりやすいのが、マイホームとして晩年まで住める状態を維持できるかという点です。

リノベーションは住宅の骨格部分はそのまま残して内装や外装を作り変える工事になっています。

そのため、この段階で新築するのに比べると耐久性で劣ってしまうことは否めません。

しかし、近年の建築技術の向上は著しく、一般のマイホームであれば通常は50年から100年程度の寿命があるとされています。

古い中古住宅を買ってリノベーションした場合には、老後まで十分に耐久性を保てるかを確認する必要がありますが、新築で手に入れていた場合には大抵は大きな問題が生じません。

リノベーションのときに構造部分についても補強を依頼できるので、老後まで住めるようにして欲しいということを主張してよく施工内容を吟味しておけばより長く住めるようになるでしょう。

リノベーションの技術が飛躍的に向上してきている影響で、耐久性を同時に高めるのをコンセプトとしている業者も選べるようになっています。

まとめ

リノベーションをするのがいつが良いかと悩む人もいますが、ユニバーサルデザインにリノベーションをすればたった今行って全く問題はありません。

ユニバーサルデザインの基本的なコンセプトはどんな人であっても快適かつ柔軟に使える形に仕上げることであり、

安全で安心して使えるものに作り上げることです。

そのため、体力や判断力などが衰えてきてしまった老後に住みやすいだけでなく、今もより快適に住めるようにできます。

ローンを組むことを考えると早めに決断しておくに越したことはありません。

全額現金で負担できるという場合には少し時間を置いてからリノベーションするのも良い方法です。

ただし、いつ車椅子生活になるかわからないという状況に陥ってしまう前に施工を終えておくことは重要になります。

老後が近づいてきてからの方が生活の様子をイメージしやすいのでまだ若い場合には先延ばしにするのも良い方法ですが、もう老後が目の前に見えているのならすぐにリノベーションをした方が無難でしょう。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ