ホーム > リノベーション > コラム > リノベーションVS新築購入!あなたはどっち?

リノベーションVS新築購入!あなたはどっち?

6a4ff539837161fa12c428035b0697a3_s

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅を購入する時に、まず考えておきたいのが新築物件を選ぶか、中古物件をリノベーションするかということです。

選ぶ時には、費用面だけでなく、耐久年数や住み心地など様々なことを比較検討して選ぶことがおすすめです。
購入費用で考えた場合、新築の方が高くなることが一般的です。

中古物件の場合は、購入費用の他にリノベーション代もかかることになります。

新築ではかからないリノベーション代がかかることになりますが、

立地や広さなどの条件が変わらない物件であれば、新築物件を購入するよりも安くなることが一般的です。

費用を安く抑えることができる中古物件であれば、同じ予算で新築物件よりも広くて快適な家の購入ができるというメリットもあります。
立地条件にこだわらないのであれば、郊外や人気のないエリアを選ぶことで、新築物件でも安く購入できる可能性があります。

ただ、立地条件にこだわりたいのであれば、中古物件も候補に入れておくことがおすすめです。

その理由は、立地条件が良いエリアには既に多くの住宅が建てられているためです。

多くの住宅が建っているエリアに、新たに家を建てたいと考えても、土地が見つからないことは珍しくありません。

そんなエリアでも、売りに出されることが多いのが中古物件です。

そのため、立地条件にこだわりたいのであれば、新築物件よりも中古物件の方が短期間で見つかる可能性が高くなります。

通勤や通学などを考え、少しでも便利なエリアに家を購入したいと考えているのであれば、新築物件だけでなく中古物件も視野に入れておいて損はありません。
間取りや内装、設備にこだわりたい場合は、新築物件の中でも注文住宅を選ぶか、中古物件をリノベーションすることが有効です。

建売住宅の中でも、注文を受けてから建てるタイプの住宅は、外観の色や間取りなどを選べるようになっていることもあります。

ただ、これは決められた選択肢の中から選んでいく形となり、自由度はそれほど高くありません。

それに対して、注文住宅やリノベーションの場合は、間取りは勿論、素材や設備など自由に選ぶことが可能です。

それによって、本当に理想的な住宅に仕上げることができます。
リノベーションの場合は、屋内を改装していくという形になりますが、日本家屋の部屋をまるでお洒落なカフェのような内装に変える、仕切りのない広い空間を作るなど、自由度の高い変更が可能です。

壁や床、天井などを全て新しい物に交換すれば、新築物件と変わらない程、見た目の良い部屋に変えることができます。

そのため、少しでも安く理想の家に住みたいのであれば、リノベーションを考えておくと良いでしょう。
リノベーションをすることができるのは、間取りなどの内装のみではありません。

外観も、リノベーションによって美しく生まれ変わらせることが可能です。勿論、家の形自体を変えることはできませんが、外壁などを好みの色に変えるだけでも、家の雰囲気というのは大きく変わります。リノベーションを行えば、中古物件でも美しい外観の家に住むことができます。
注文住宅と、中古住宅のリノベーションを比べた場合に、差が出るのは入居までの期間です。

注文住宅というのは、全く何もないところから家を建てていくことになります。

そのため、相談から完成まで1年近くかかることが多くなっています。それに対して、リノベーションの場合は、住宅が完成した状態から工事を行うので3ヶ月から半年程度で完成することが一般的です。そのため、注文住宅を建てるよりも、早く入居ができるというメリットがあります。
耐用年数は、新しい物件程長いかといえば、そうではありません。

新築物件であっても、木造住宅か鉄骨造かなど、構造によって耐用年数は大きく変わります。そのため、新築でも耐用年数が短めの木造住宅と、中古でも元々の耐用年数が長い鉄筋コンクリート住宅を比べた場合、中古の方が長くなる可能性があります。ただ、この耐用年数というのはひとつの目安であり、その期間を過ぎると住宅に住めなくなるというものではありません。安心して生活をすることができるかどうかを左右するのは、住宅の寿命です。
普通に生活をしていても、住宅は徐々に劣化をしていくことになります。

定期的にメンテナンスを行っていれば、寿命は格段に長くなります。新築物件の場合、建材だけでなく配管や設備も全て新しいものとなるため寿命は長めです。それに対して、中古物件は全体的に劣化が始まっていることが多く、その分寿命は短めです。

壁紙を変えるだけなど、簡単なリフォームは室内の見た目を良くする効果はあっても、住宅の寿命を延ばすだけの効果はありません。

それに対して、壁や床を一度取り払うリノベーションの場合、配管や配線などが劣化していればその時点で交換をすることが可能です。

古くなった部分を交換し新しくすれば、それだけ住宅の寿命も延びることになります。

そして、ただ壁紙を張り替えた場合とは違い、壁などの強度も高まります。

中古物件は、古くて寿命が短いというイメージを持つ人もいますが、リノベーションを行えば、その寿命を延ばすことが可能です。
保証期間については、新築住宅の方が長くなっています。

リノベーションにも保証期間は設定されていますが、短めとなっているため、安心して生活をしたいのであれば、新築物件がおすすめです。
住宅ローン減税は、条件に当てはまれば新築物件でも中古物件でも受けることができます。

中古物件を購入しエコやバリアフリーを意識したリノベーションを行った場合には、住宅ローン減税以外の減税や補助金を受けることができる可能性もあります。

対象となるリノベーションの内容や、減税や補助金の詳細は自治体によって異なりますが、これからリノベーションを行うのであれば、事前に制度の確認をしておいて損がありません。
新築住宅と中古住宅のリノベーションには、費用面を始めとした様々な違いがあります。

住宅というのは一生のうちで特に大きな買い物の上、その後長く住み続けていくことになるものです。

それだけに、詳細まで慎重に確認した上で、最適な物件を選ぶことがおすすめです。

 

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ