ホーム > リノベーション > コラム > 空室対策にはどうしたらいいの?不動産オーナーにもおすすめのリノベーション

空室対策にはどうしたらいいの?不動産オーナーにもおすすめのリノベーション

リノベーションで空き部屋対策はできる?

 

65df632bae74265c909bf3b0990b1198_s

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産オーナーにとって、空き部屋は非常に頭の痛い問題です。住人のいない部屋が1つあるだけで収益は減ってしまいます。

現在賃貸住宅は供給が増えてきており、借り手をいかに集めるかは不動産オーナー全員の悩みといってもいいかもしれません。
空室対策にはいろいろな方法がありますが、そのうちの1つがリノベーションです。

老朽化したものを元に戻すために行うリフォームとは違い、リノベーションは現在の設備にプラスアルファの価値を付与します。

部屋の性能をより向上させることで価値を高め、家賃を下げることなく住人を呼び込むことを目的としています。

 

どんなリノベーションがおすすめ?

ここでは、不動産オーナーにおすすめのリノベーション例をいくつか紹介しているので、1つの例として参考にしてみてください。

 

①防犯
リノベーションの1つの注目点となるのが「防犯」です。女性の一人暮らしが増えてきたことで、安全を求める声は高くなってきています。部屋の防犯性を高めるには、オートロックドアにする、カメラ付きインターフォンを取り付ける、

鍵付き宅配ボックスを設置するなどの方法があります。

オートロックは防犯性や利便性に優れており、非常に人気の設備です。最近では木造アパートでも導入している物件が増えてきています。築年数が経過した建物でも、オートロックを導入することで入居率の向上を期待することができます。

予算などの関係で各部屋に設置するのが難しい場合は、共有エントランス前の入り口にだけ設置するなど、予算や環境に合わせて設置場所を検討することも可能です。
防犯カメラは特に女性に人気の設備です。女性の入居者を念頭においているならぜひ検討してみてください。

既にインターフォンが設置されているなら、それがカメラ付きでない一般のタイプでも配線工事は不要で機械を取り付けるだけで簡単に設置することができます。

②宅配ボックス

 

bf3f4bb08140043c3e023921cb55d09a_s

 

 

 

 

 

 

 

 
ネットショッピングの広まりに合わせて需要が高まっているのが、鍵付の宅配ボックスです。

宅配サービスは需要が急増しているものの、現在は家の中が無人となることが多いため荷物の受け渡しがネックになっています。

また、メール便を受け取るときも、ポストからはみ出していたりすると不安になってしまいます。

そこで鍵付のポストを設置すれば、入居者の安心感と利便性を高めることができます。設置も簡単で費用もあまりかかりませんし、メカ式のものを選択すれば電気工事も不要です。

③外観
入居者を増やす上で大切なのが、建物の外観です。いくら中身が素晴らしくても、外観は最初に目にする部分だけに、ここが悪いと「汚い、古い」というイメージが付きまとうことになります。外観部分を変える場合は、単にペンキを塗り替えるだけではなく、「新たにデザインする」という考えを忘れないようにすることです。色の組み合わせやデザインを考えることで外観を美しくし、入居者を呼び込むと同時に、競合物件との差別化を図りましょう。
外観は細かい部分にも気を配ることが望ましいと言えます。

例えば自転車置き場です。空きスペースに入居者の自転車が雑然と置かれていると、見た目が良くありません。スペースが許すのであれば自転車置き場を作り、屋根やサイクルラックを設置するようにしましょう。自転車ブームで駐輪所を巡るトラブルも増えてきているので、ルール作りのきっかけにするのもいいでしょう。
外階段がある物件は、そこもリノベーション候補に入れておきましょう。

毎日利用するだけに非常に目につく場所になります。

塗膜が剥がれて鉄骨の錆が浮いている場合は塗り直すことになりますが、

日頃雨風に晒される部分だけに耐久性に優れた塗料を選ぶことが大切です。

また、古い物件で階段が急な場合は、架け替えを検討してもいいかもしれません。架け替えない場合でも、段差に滑り止めシートを施工すると安全性を高めることができます。住人が共有するゴミ置き場も、ケージではなく外から見えないゴミストッカーを設置するのがおすすめです。

④床・壁
床と壁は部屋の大部分を占める部分なので、ここを変えると部屋の印象をガラリと変えることが可能です。

競合物件との差別化にもなるので、ぜひ検討してみましょう。
床のリノベーションには、まず畳をフローリングに変えるというものがあります。

生活スタイルや家具が西洋化し、フローリングの部屋を希望する人が増えてきています。

床材を変えることで、入居者を増やすことができるかもしれません。

ただし、掃除が楽で手入れがしやすい反面、フローリングには畳にはないデメリットも存在します。

特にアパートやマンションで気を付けたいのが遮音性です。

それ自体がある程度音を吸収してくれる畳に比べると、フローリングは硬いので音を立てやすいというデメリットがあります。

予想もしていなかった騒音トラブルが起こる可能性もあるので、施工会社と念入りに打ち合わせを行い、メリットデメリットについて知っておくことが大切です。
床を取り換えるには、張り替えと重ね貼りの2つの工法があります。張り替えは今ある床材を剥がし、新しい床材を貼る工法です。工事の手間がかかり費用も高くなりますが、床下の状態を確認することができるというメリットがあります。重ね貼りは今ある床材の上から新しい床材を重ねて貼る工法です。簡単で防音性能が上りますが、床下の状態はチェックできません。築年数や費用に応じて工法を選択するようにしましょう。
壁のリノベーションにもいろいろな種類があります。最も簡単なのは既存の壁紙の上からペイントをするという方法。貼りかえるよりも簡単に壁を新しく見せることができ、デザインや色を工夫すれば、部屋のアクセントにもなります。
壁材を思い切って変えてしまうというのも1つの方法です。最近は壁紙自体に調湿機能や遮音機能を持たせた商品が出ているので、そういった機能性のある壁紙に変えることで、生活をより便利にすることができます。漆喰や珪藻土など、日本独特の塗り壁も最近注目を集めている壁材です。クロスにはない質感があり、工法の進化によってひび割れも少なくなっています。吸湿性や耐火性などの性能にも優れています。
リノベーションによる空室対策には、この他にもいろいろな方法があります。物件に合った手段を選び、入居者を呼び込んでいきましょう。

 

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ