ホーム > リノベーション > コラム > スケルトンリノベーションとは?スケルトンリフォームとの違いを解説

スケルトンリノベーションとは?スケルトンリフォームとの違いを解説

古い建築物に手入れをして、新築のように美しく生まれ変わらせるリノベーションは、近年ではすっかり耳に馴染んだ言葉になりました。

ところで、あなたはリノベーションには「スケルトンリノベーション」というものがあることをご存知でしょうか?

スケルトンリノベーションという言葉を初めて聞く人も多いと思いますが、スケルトンリノベーションは非常にメリットのあるリノベーションです。

この記事では、リノベーションの基本に触れつつ、スケルトンリノベーション魅力や費用、知っておきたい注意点を解説してきます。

まずはリフォームとリノベーションの違いから再確認

リノベーションとよく比較されるものにリフォームがあります。

リノベーションとリフォームの違いはどんなところにあるのでしょうか?

まずは両者の違いから説明していきます。

リフォームとは

リフォームは住宅の傷んだ部分や古くなった部分を元通りの状態に直すことをいいます。

シミが目立つようになった外壁の塗装、古くなって性能の落ちたキッチンの交換、色褪せた壁紙の張替えなどはリフォームにあたります。

リノベーションとは

一方、リノベーションは住む人のライフスタイルに合わせ、内装や設備を作り変えることです。

住宅そのもののデザインを変更したり、新しい素材を使用して遮音性や断熱性を高めたりと、抜本的な工事を行うことを言います。

スケルトンリノベーションの特徴と魅力

リノベーションの中でも特徴的なのがスケルトンリノベーションです。

ここからはスケルトンリノベーションの特徴と魅力について解説していきます。

徹底的なリノベーション

スケルトンリノベーションは、リノベーションの中でもより徹底的な種類の工事を指してそういいます。

スケルトンとは英語で「骨格、骨組み」を意味します。スケルトンリノベーションはその意味の通り、建築物の骨組みのみを残し、一端すべての設備や内装を撤去、解体し、そこから新しく内部を作り上げる手法です。

スケルトンリノベーションでは、部屋を仕切っている壁板はもちろん、配線や配管まで取り除きます。

建築物を構築している基本の部分以外はすべてなくなるのです。そのため、思い描いていた理想の間取りやデザイン、設備を実現することが可能になります。

建売の住宅では、多くの場合デベロッパーが既存のフォーマットに基づいて建築、施工を行っているため、間取りや設備も決まりきったものです。そのため古い住宅では、現代から見れば魅力に欠け、使いづらい設計になってしまっていることも珍しくありません。

例えば細かく仕切られすぎた部屋や、家族の顔の見えないキッチン、暗くて狭苦しいバスルームなどです。やたらに段差があり、お年寄りや小さな子供には危険なつくりになっていることもあります。

また建築材や設備そのものが古い基準や設計思想に基づくものであるため、断熱性や遮音性、換気などの性能が最新のものと比べると劣るのです。

スケルトンリノベーションなら、こうした問題を一気に解決できます。

スケルトンリノベーションで理想の生活スタイルが実現可能

スケルトンリノベーションを行うことで、複数の部屋を合わせて広々としたリビングや個室を作ったり、ダイニングの見えるカウンターキッチンや明るくゆったりとしたバスルームに変更できます。

段差は取り除いてバリアフリーに変更し、最新の建築材と新たな設計思想を利用して、建築物そのものの性能を高め、最新設備を持つ新築同様の住まいにすることもできます。

外装、内装の両方で好みのデザインが可能になるのも、スケルトンリノベーションの大きな魅力です。

外壁をレンガ風やヨーロッパ風の色合いに変えたり、床をヘリンボーンのフローリングにしたりと、憧れていたデザインで自由に設計できます。誰かに決められたデザインの家に住むのではなく、自分の好みと個性に合わせた家で、日々の暮らしを送ることができるのです。

これらの理由から、近年では価格の高い新築物件ではなく、スケルトンリノベーションを施すことを前提として、あえて中古物件を購入する人も増えてきています。

そもそも、駅やショッピングエリアに近い便利な場所は、すでにマンションや戸建て住宅が建ち並んでいるものです。

そのため、条件の良い場所で新築の家を手に入れることそのものが難しいという事情もあります。

しかし、そうした場所にある中古物件を購入し、スケルトンリノベーションを施せば、理想の立地にある理想の住まいが手に入るのです。住宅の性能を気にする必要がないため、住宅の大切な条件である立地にこだわることができる、これもスケルトンリノベーションの数多い利点の一つです。

スケルトンリノベーションは、マンションでも行うことができます。

マンションの室内を仕切る壁は、ほとんどの場合木造で、撤去しても構造に影響が出ることはありません。

また人口減や買い替えにより、中古のマンションの供給は潤沢で、しかも年々増える傾向にあり、手に入れやすくなっています。

マンションの耐用年数は、鉄筋コンクリートの場合60年以上となるため、スケルトンリノベーションを行うことで、驚くほど高品質な部屋にすることが可能です。

専有部分内なら配線や配管、排気設備なども施工できます。もちろん、外壁や隣室に接する壁、床の素材を交換することで、断熱、遮音効果もアップできるのです。

安心・安全な住まいづくりができる

スケルトンリノベーションには、住宅の性能アップやデザイン変更のほかに、もう一つ意外なメリットがあります。

それは住宅の見えなかった部分を確認できることです。

古い木造住宅の場合、気が付かない間に柱や梁が傷んでいることもあります。そのまま住み続けていれば、大きな地震や台風があった場合耐えきれなかったかもしれないと驚く人もいるのです。

一方こまめにリフォームを繰り返していた場合も、当時の技術で施工されているため、配線や配管の構造が解らなくなってしまっていることもあります。

リフォームや部分的なリノベーションでは確認できない、こうした危険性や不便な部分も、スケルトンリノベーションを行うことで発見できるのです。

スケルトンリノベーションを行う上での注意点3つ

スケルトンリノベーションは非常に魅力的なリノベーション方法ですが、注意すべき点があります。

こちらでは代表的な注意点を3つまとめましたので、参考にしてみてください。

建物の構造や管理規約で制約がかかることも

実際に中古住宅にスケルトンリノベーションを施す場合には、あらかじめ知っておきたいことがいくつかあります。

まず、戸建てでもマンションでも、構造によってはリノベーションに制約を受ける可能性があるという点です。

戸建て住宅では、ツーバイフォーやプレハブ工法で建てられている場合、建物は「耐力壁」によって支えられています。

面で支える構造であるため、災害に強い頑丈なつくりであるのが良いところですが、当然ながらこの壁を壊すことはできません。そのためスケルトンリノベーションを行うにあたって、希望通りの間取りにできないことがあるのです。

マンションでも「壁式構造」で建てられている場合は「構造壁」を壊すことができません。

また、部屋の給排水管をまとめるPS(パイプスペース)の位置は変更できないため、キッチンやバスルームといった水回りの移動には限界があります。

その他、マンションの管理規約により、施工不可能な工事もあることに注意してください。

例えば、工事による階下への騒音を防ぐため、床材の変更が認められていなかったり、電気や給湯の容量が決められていたりということもあるのです。

そして、変更を加えられるのはあくまで専有部分のみで、共用部分となる部屋の外にあるものは施工できません。玄関ドアやバルコニーなどは勝手に交換したり、色を変えることはできないのです。

中古マンションを購入してスケルトンリノベーションを行うことを予定している場合は、購入前にこうした構造、規約についてあらかじめよく確認してください。

費用面でも注意が必要

物件そのものに関することの他には、費用についての問題があげられます。

凝りすぎて思っていたより費用が掛かることになったり、あるいは途中まで工事が進んだ後、思い直して変更を行ったりというケースも起こりがちです。

デザイナーや施工業者とよく話し合い、無駄な出費をしないで済むよう、しっかりと計画を立てましょう。

理想の住まいを実現するためには、何よりまず情報を収集し、検討を重ねて可能、不可能を把握したうえで工事を行うことが大切です。

スケルトンリノベーションのまとめ

スケルトンリノベーションは、あなたのライフスタイルに合わせてリノベーションが行える魅力があります。

しかし、注意点もありますので、施工業者選びは非常に大切になります。

私どもエニシコーポレーションでは、お客様のライフスタイルに合わせてリノベーション工事をご提供させていただいております。

現在、無料でプランニングやお見積もりを行なっておりますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ