ホーム > リノベーション > コラム > リノベーションで中古マンションの資産価値をアップ!

リノベーションで中古マンションの資産価値をアップ!

51eb07af9b60537a221599db965f2882_s

 

 

 

 

 

 

 

不動産をお持ちの方、またはこれから購入を考えている方にとっても、物件の資産価値は気になるところとなるのではないでしょうか。住宅などの不動産の価値は、年数を経るごとに下がっていきます。中古マンションの場合は、新築してから約15年から20年前後経つと、当初の価格の半値まで価値が下がることもあり得ます。購入後に何も手を加えない場合、不動産の資産価値が再び上がるケースは非常に少ないのが現実です。こういった不動産のセオリーに新しい可能性を生み出したのが、「リノベーション」です。「リノベーション」は、概してリフォームよりも規模の大きい工事をするのが特徴で、中古物件の資産価値向上が出来る方法として話題になっています。下がる一方だった中古物件の価値を再びアップするために、「リノベーション」にトライするオーナーも出始めています。

 

中古物件の価値を高めるには?
9e757b65c09decbc09a0f8edbca4250d_s

 

 

 

 

 

 

資産価値の高い不動産を所有したい場合、新築物件から検討を始める方も少なくありません。ただ、このようなアプローチをすると、購入の際に大きな費用がかかります。一戸建てはもちろんですが、新築のマンションを購入する時にも数千万円前後の負担をする必要が出てきます。場合によっては、不動産を取得した後に得られる収入よりも、初期費用の負担の方が大きくなってしまうことがあるのが難点と言えるでしょう。このような問題を避けるためにも役立つのが、前述した「リノベーション」。中古物件の資産価値向上が出来る「リノベーション」を利用すると、新築物件を購入しなくても価値の高い不動産を所有出来るようになります。

例えば多くの方が試みているのが、中古物件を購入して自身でリノベーションを行う方法です。価格の安い中古物件で購入時の負担を抑えて、リノベーションで資産価値を上げていくのがこの方法のアプローチ。売りに出される中古マンションの数は増加傾向にあり、選べる物件の数は豊富です。中古マンションを選択肢に加えれば、新築物件だけをターゲットにするよりも多くの物件と出会うことが出来るでしょう。築年数が多少経過していても、設備構造がしっかりとしている中古マンションは少なくなく、コストパフォーマンスに優れた物件を見つけられる可能性があります。リノベーションは、元々の構造を活かしながら間取りや内装を一気にリニューアル出来るのが特徴です。使える部分はそのまま残し、手を加えたい部分だけを新しく改装出来る点はリノベーションならではの魅力です。例えば「スケルトンリノベーション」をすれば、マンションの1室丸ごとリニューアルが出来ます。中古マンションの場合も、管理組合などの許可が下りれば柱や壁の位置を変えることは、不可能ではありません。各部屋の仕切りを取り払って、ワンフロアを広々と使うことももちろん可能。若い方から人気があるカフェやスタジオのようなオシャレな内装にリニューアルをすれば、資産価値も大きく向上するでしょう。こういった思い切ったリニューアルが出来るところは、中古物件を利用したリノベーションならでは。購入時の負担が小さいため、リノベーションに充てる費用を確保しやすくなります。一方、新築マンションの場合は、どうしても購入費用だけで手いっぱいとなってしまうケースが多いです。間取りの変更まで手が回らず、自分のこだわりを形にするのが少し難しくなることも。

不動産の資産価値を左右する要素の1つが、物件の立地です。中古マンションの場合は、意外に立地に優れているという特徴があります。したがって、リノベーションで内装をリニューアルすれば資産価値を上げることは然程難しくないかもしれません。エレベーターの有無やセキュリティ、構造の安全性などをしっかりとチェックしておくのが、リノベーション用の中古マンションを探す時のポイントです。管理組合の方針などを調べておくと、どの程度のリノベーションが可能かどうか把握出来るでしょう。こういった物件を管理している側の情報は、中古物件を仲介する不動産業者などから得られます。リノベーションをPRして物件の仲介を行っている不動産業者なら、比較的自由度の高い施工が出来る中古マンションを探してくれる可能性が高いです。物件の販売と合わせてリノベーションのサービスを行う不動産業者も見られますので、仲介を受ける時点から利用する業者にこだわるのも1つの方法になってくるでしょう。

リノベーションにトライする時には、資金計画もしっかりと進めておきたいところ。中古物件のリノベーションで金融機関のローンを利用する場合は、リフォーム用のローンを勧められるのが一般的です。リフォーム用のローンは、通常の住宅ローンに比べると少し金利が高いケースがほとんどです。中古物件の購入に別途住宅ローンを組む方は、金利の異なる2つのローンを利用することになるでしょう。このようなスタイルでも、本人が納得出来れば特に問題はありません。ただ、少しでも費用を抑えたいというのであれば、ローンの利用の仕方を少し工夫する必要があります。低い金利でローンを利用したい場合、中古物件の購入とほとんど同時にリノベーションの施工に取り掛かるという方法があります。金融機関で提供しているローンの種類や利用のルールなどを比較しておくと、このような方法を取ることも可能になるでしょう。物件を仲介する不動産業者でも、各種ローンの相談にのっています。住宅ローンやリフォームローンに詳しいアドバイザーが常駐している場合もあり、利用する業者によっては詰めた相談をしながらローンのプランを練ることが出来ます。こういった業者の場合は、ローンの申し込みや審査の手続きも一切お任せ出来る場合が多く、煩雑な作業に煩わされることなくプロセスを進められるでしょう。

リノベーションを経た不動産は、投資用の資産としても注目されています。借り手が付けばその後も家賃収入が得られますので、長期的なメリットが見込めます。将来的に売却を考える場合も、リノベーションで資産価値を高めておけば予想以上の金額で売れる可能性が出てきます。今後の方向を考えながら、資産価値を上げられるようなプランを練っていきましょう。

 

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ