ホーム > リノベーション > コラム > リノベーションってどんなもの?~メリットや流れについて~

リノベーションってどんなもの?~メリットや流れについて~

近年、住宅が余っている、空き家が増えているという話を、よく聞くようになりました。その一方で、各地にお洒落なタワーマンションが建設され、住む人の住環境へのこだわりは、むしろ高まってきているといえる昨今です。

そんな中で、中古マンションや中古アパートを新しく自分の住みやすい家に作り直す、「リノベーション」が熱い注目を集めています。新築マンションを探してみたが、なかなか自分の好みにあう家がみつからないといった人や、築年数は古いものの立地がいい中古マンションをみつけたので、内部を全面的に改築したい人などが、全国的に増えてきているのです。新築のマンションや一戸建てを買うより費用を安く抑えられ、自分好みのデザインにこだわれるリノベーションは、多くの人のニーズをとらえており、今後より広まっていくとみられています。

 

リノベーションの費用面

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

 

まず、費用面からリノベーションを考えてみましょう。いま、低価格の中古マンションが目立ってきているのは、建ててから約20年が過ぎたマンションが増加したからです。おおむね、20年ほどでマンションは底値を迎え、新築販売時のおよそ半値になるのが平均的です。

新築時と現在の販売価格の差額が大きいので、リノベーションを大々的に行なっても、新築マンションより安く買えるようになりました。築20年たっていても、駅のすぐ近くや住みたい人気ランキング上位の街に建っている、高価値のマンションは数多くあります。リノベーションで内部を新築同様にすれば、好立地で好条件、かつ自分好みにカスタマイズした家に出来るメリットがあり、費用以上の物件を手に入れられます。

また、自分のライフスタイルと収入支出を計算して、はじき出された予算内で行なえるのも、リノベーションの魅力です。元々あったキッチンやトイレバスなどの設備をうまく残しつつ、予算に合った範囲内で改修すれば、全体の費用を抑えられます。新築マンションは、すでに出来上がっている設備がほとんどですから、内装部分で費用を抑えられるのは、リノベーションの大きな特徴といえます。

 

 

 

リノベーションの流れとは?

次に、実際のリノベーションの流れをみていきましょう。自分が所有している物件がないのならば、中古物件を探すところから、リノベーションはスタートです。このとき、出来る限りリノベーションの具体的なイメージ、つまりどんな内装に作り変えたいかを考えておきましょう。

リノベーションは、部屋の間取りを大胆に変えたり、水回りを位置ごと動かしたり、室内を丸ごと新しくすることが可能です。すべての内装部分を取り外して、構造部分のみを残し、全く新しい室内にする「スケルトンリノベーション」も、数多く設計されています。

大きく室内を改装するので、物件によっては「この壁は壊せない構造になっている」とか「この柱には水道管が走っていて取り外せない」といった、変更不可な構造条件が関わってきます。もし最初からスケルトンリノベーションを考えているのなら、中古物件を巡るときにチェックが必要です。水回りの変更を必須にしているときは、壁や柱の中をどう水道管やガス管が通っているかをみておきます。住みたい部屋の具体的なイメージを持っておくと、物件探しの段階からとても役に立つので、物件を見つけてからリノベーションを考えるのではなく、同時進行で進めていきましょう。

同時進行で進めるメリットは、もうひとつあります。同時進行だと、ローン金利が安くなるのです。リノベーションは、中古物件の購入とリノベーション工事費用のふたつがかかります。そして、それぞれにかかるローン金利がちがっています。工事費用のローン金利は、物件購入費用の金利より高く設定されているのです。しかし、同時進行で進めておいて、物件購入後あいだを置かずにリノベーション工事に入ると、費用はすべて物件購入扱いになり、安いほうのローン金利で借りられるのです。

どのような部屋に住みたいかは、リノベーションを選ぶ最大の目的でもあるので、早い段階から考えておいて、損はありません。

リノベーションテイストにはどんなものがあるの?

623c818c7876156236e7518d0a2b5151_s

 

 

 

 

 

 

 

では最後に、どういったタイプのリノベーションをするのがいいのか、検討していきましょう。

もとの室内装飾が和風だと、北欧風とか木のぬくもりのあるフローリングといったリノベーションは出来ないのではと思う方もいますが、心配いりません。古い家を手直しするリフォームと違い、リノベーションは新しく作り上げる改装なので、好みにこだわった室内装飾が可能です。むしろ、こだわりを持っておいたほうが、設計を担当する建築業者側に伝わりやすいので、数はいくつあっても構いませんから「こういう部屋にしたい」という要望をリストアップしておきます。

現実に建築事務所の人と話をする段階になると、費用の見積もりが出てきます。リストアップした内容をすべて実現すると予算オーバーになるようなら、リストの優先順位を決めていきます。その中でも、絶対にこだわりたい点があれば、早めに伝え、次の見積もりに反映させましょう。見積もりの提示は、建築事務所を2、3か所まわり、比較してみても問題ありません。

そうやっているうちに、想像していた形と現実のデザインが重なってきて、自分好みのイメージが膨らんできているでしょう。各地で開催されているリノベーションの講習会や展示会を訪ねて、実際の設備や工事内容を確認してみると、疑問点の解消につながりますから、おすすめです。

長い目で見れば、木目を多く目立たせるナチュラルテイストのデザインがいいかもしれませんし、より重厚な北欧風インテリアが映えるシックなデザインも素敵です。人生の多くの時間を過ごす場所、人生でいちばんの買い物になるのが、家です。最終決定まで、どれだけ勉強してもし過ぎることはありません。時間が許すのなら、設計担当の方と一緒に中古マンションを巡ると、その場その場で的確なアドバイスがもらえます。遠慮せず要望を伝え、いろいろ頼りになってもらっていいのです。そのほうが、お互いに満足いく良い結果が出るはずです。

自分好みのデザインにこだわれるのが、リノベーションのメリットです。存分に楽しんで、ぜひ、素敵な家づくりにつなげていきましょう。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ