ENISHI CORPORATION リノくら
VOICEお客様の声

「ふたりのこだわり」のある暮らし

私たちはもともと新築は考えていなくて、最初からリノベーションと決めていました。
新築マンションは価格が高すぎるというのもありましたし、何より、どれも似通った間取りや仕様で、自分たちの暮らしにマッチするイメージが湧かなかったんです。

間取りを見たりするのが大好きで、よく新築の情報も見てはいましたが、いつも「この部分がこうだったらいいのにね」とか二人で言い合ってました。
だから、マンションを買うなら中古を買ってリノベーションしようって決めていたんです。

タイミングは特に決めてなかったのですが、ちょっと資料とか取り寄せて見ようか、くらいの時にエニシさんと出会いました。
それで、エニシのコーディネーターさんとお会いして、話をしていったらますます「やっぱりリノベーションがいい!」という思いが強くなってきて。じゃあ物件探してください!ってなりました。
急ぐつもりはなかったのですが、自分たちのイメージはすでに出来上がっていたので、決断は早かったですね。


それからはまず、やりたいことがたくさんあったのでそれを全部お伝えして、大まかな予算を出してもらって。
そうすると、物件の購入価格を少し抑えた方がいい、とわかりました。
最初探していたエリアだと予算オーバーな感じだったので、いろいろ探してもらって、結果的に実家にも近い物件に決めました。

いま考えても、この時に、物件の価格抑えてもやりたいリノベーションを優先したのが正解。
物件を先に決めてしまっていたら、予算オーバーでやりたかったリノベーションをすべて叶えることができなかったと思います。

最初に「やりたいこと」を相談しておいて良かったですね。

物件の購入が決まって、いよいよプランを詰めて行ったのですが、本当に要望がたくさんあったんです。

二人ともアパレル勤務で服がとても多いので、クローゼットは絶対広めで。
(ほとんど奥様のもの・・・と旦那様から突っ込みが)
シューズインクローゼットも土間で広めに作りたい。使っていない季節のものなど置いて置けるように。
脱衣所も広めに、収納もたっぷり。
小さくていいのでワークスペース兼趣味の部屋を作りたい。
家事動線も使い勝手の良いようにしたい。

設計の方にやりたいこと全部伝えて、頑張ってもらいました(笑)。

そうやっていろいろと理想を伝えている時は楽しかったのですが、要望をたくさん出しすぎたので、実は最終的には何か諦めないとダメかな、と思っていたんです。
でも、最終の見積もりをもらったら安くてビックリ(笑)。
友だちで、同じシリーズのキッチンをリフォームで入れた人がいて費用も聞いていたのですが、それもうちの方が安かったんですよ。
結局、やりたかったことのほとんどを実現することができました。

たっぷりの収納と使い勝手の良い家事動線のキッチン。
ダイニングテーブルの後ろの壁にしつらえた棚は「見せる収納」。お二人のセンスが感じられる暮らしのアイテムが飾られています。

リビングのとなりに4.5畳の小部屋を。リビングの様子が感じられるよう小窓を設けました。普段は在宅ワークや趣味を楽しむ空間として使っているとのこと。ゲストルームとしても使えます。

生活空間をすっきりと使えるように、大型の数々の収納を設けたこともM様宅の特徴のひとつ。
たくさんの衣装を収納するための広々ウォークインクローゼット。
洗面所も広々と、収納もたっぷりとった使い勝手の良い空間に。
玄関から土間でひと続きになったシューズインククローゼットは、お手持ちの靴をすべて並べられる棚が便利。お子さま連れの来客の際は、ベビーカーなどもそのまま置いておける広さです。

「私たちの要望をしっかり汲み取ってプランしてもらい、完成間際に急な変更をお願いした際も何とか対応していただいて、納得できるリノベーションができました。ありがとうございます」