ENISHI CORPORATION リノくら
VOICEお客様の声

「集い」のある暮らし

自分たちの理想にあった住まいを求めて「中古物件購入+リノベーション」を

――  住まいを購入するにあたって、リノベーションを検討された理由は何ですか?
K様  妻がもともとリノベーションに興味があって、家をまるごとリノベーションする番組とかよく観ていました。いつか自分たちもと思っていて、お気に入りのインテリア写真をピンタレストで集めたりしていました。

――  新築は並行して検討されなかったのですか?
K様  立地を重視していたので、新築マンションだとなかなか希望に合った物件を手に入れるのが難しいですよね。「買える物件」を求めて条件が悪くなるより、中古マンション+リノベーションの方が、自分たちの理想に合った住まいが手に入るんじゃないかと思っていました。

――  エニシコーポレーションに決めていただいた理由は何ですか?
K様  そろそろ購入を考え始めようかと思って、何社か資料請求したのですが、その中で最も早く連絡をくれたのがエニシコーポレーションさんでした。急ぐつもりもなかったのですが、物件見にいきましょうといろいろ案内してもらうようになって。その現場で、この壁は解体できますとか、こんなふうにもなりますよとか、リノベーションについていろいろ教えていただきました。
そうやって物件を見て、いろいろとお話し聞いているうちに段々その気になってきたのと、やっぱり最後は、いい物件を紹介いただけたことが決め手ですね。

――  今回選んだ物件はどんなところが気に入られたのでしょうか?
K様  最初に見た時はそれほど気に入ったわけではなかったんです。古くて、昭和感満載で(笑)、部屋のつくりも希望とは違っていましたので。
でもリノベーションで間取りは変えられるし、この物件ならキッチンの位置も動かせますよ、と聞いて。よくよく考えてみると、広さはちょうどいいし立地も申し分ない。最終的には2つの物件で迷って、部屋の中はもう一つの方がいいと思ったのですが、場所と広さでこちらに決めました。

リノベーション前の内装

――  エニシコーポレーションのスタッフのアドバイスもお役に立てたようですね。
K様  はい、とても役に立ちました。自分たちだけで考えたら、きっと見た目に左右されてしまって、その物件でできることをきちんとイメージできなかったと思います。
物件を一緒にまわってもらって、プロの視点でアドバイスしてくれたからこそ決断できた物件です。購入を決めた頃には、私たちも「これはリノベーションのしがいがあって楽しいぞ」と思っていましたね。

――  物件の購入が決まって、いよいよプランを具体化する段階になっていくわけですが、まずどんなことにこだわりましたか?
K様  一番こだわっていたのはキッチンです。アイランドキッチンを真ん中にして、友人を呼んでちょっとしたパーティーができるようなダイニングカウンターをつけて。そんな仲間と寛げる空間にしたいと思っていました。
でも最初は、なかなか自分のイメージに合ったキッチンが見つからなくて、いいなと思うものは予算に全然合わなくて、なかなか決められなかったんです。
そんな中で妻が見つけてくれたのが、GRAFTEKT〈グラフテクト〉というメーカーのキッチン。この黒い天板がイメージにピッタリで、これを見た時には一気にテンションが上がりましたね。

――  他にはどんなご要望がありましたか?
K様  二人とも在宅勤務が増えていたので、落ち着いて仕事ができるワークスペースも希望でした。仕事で使うモニターが大きいので、テーブルも作業しやすい奥行きや高さにこだわって。そういうことができるのもリノベーションならではですね。

――  リノベーションのプランはスムーズに進みましたか?
K様  やりたいことははっきりしていたので、間取りなどはスムーズに決まったと思います。
デザインテイストについては「コレ!」というものがうまく表現できなくて、とにかく気に入ったイメージの写真を設計の方に送って、汲み取っていただいて・・・。
デザインについては、抽象的な想いをよくまとめていただいたと感謝しています。

――  工事中は結構見にいったりされたのですか?
はい、結構見にいきました。工事が始まって、壁とか床まで撤去してスケルトン状態になった部屋を見た時は、ほんとに何でもできるんだ、と改めて感じましたね。
そんな何もない状態から、あっという間に間取りが出来上がっていって、見に行くたびに住まいになっていくのはすごかったですね。

――  では、そこからは順調に進んだようですね。
K様  ところが、そうやってだんだん出来上がってくると、「やっぱりこうしたい」という思いがどんどん出てきてしまうんですよ(笑)。その度に無理を言って変更してもらったり、本当にギリギリまで、いろいろお願いしちゃいましたね。

――  では、最終的にはやりたかったことは全部できましたか?
K様  物件の構造的にできなかったことはありますが、ほぼ要望が叶ったと思います。妻がDIY好きということもあって、実際に暮らしてみてから自分たちでつくっていく楽しみが残ってもいいと思っていましたし、100%全部完成させようとも思わなかったですし。
キッチンの上のワイングラスを吊るすアイアンシェルフも、自分たちで付けたんですよ。

――  完成した住まいを初めて見た時、どんな感想を持たれましたか。
K様  想像以上の出来上がりでした。ウッドとブラックアイアンがマッチした空間で、我ながら「かっこいいなあ」と思いました。

――  特に気に入っている点はどこですか。
K様  やっぱりキッチンとダイニングカウンターにはこだわったので、一番気に入っているところですね。
それと、玄関周りもいいですね。玄関入って、土間から続くシューズインクロークも使いやすいし、趣味の自転車も2台収納できる。そのシューズインクロークからキッチンまで回遊できる動線になっていて、使い勝手もとてもいいです。

――  ワークスペースもこだわっていらっしゃいましたが、実際に使ってみていかがですか?
K様  快適ですね。特に室内窓が気に入っています。予算の関係でもう少し小さくすることも途中で考えたのですが、この大きさにしてよかったです。
仕事中もリビングのテレビ付けっぱなしにしていて、なんとなく気配を感じながら仕事しています。籠ってしまうより、オープンな方がかえって集中できますね。

――  この新居で、これからどんな暮らしがしたいですか?
K様  窓際の床をタイルにしたことで、ちょっとしたインナーテラスとして使えるので、グリーンが楽しめる部屋にしたいですね。DIYもいろいろ計画していて、シューズインクロークとキッチンの間に暖簾のようなものつけようかとか。考えることが楽しいですね。

――  こだわったキッチンは活躍していますか?
K様  新居に引っ越してきて、プライベートのフェイスブックに写真をアップしたら、知り合いから「遊びにいきたい!」というメッセージがたくさんきてびっくりしました。
先日、初めて友人たちを招いてちょっとしたパーティーをしたんですけど、みんな感動していましたね。「何これー」「お店みたい!」って。
人が集まって楽しく過ごせる家を望んでいたので、これから楽しい時間をたくさんつくっていきたいと思います。