ENISHI CORPORATION リノくら
COLUMNリノベーションコラム

造作ならできる、あなたに合わせたテーブル&イス

みなさんはテーブルやイスを購入する時、その「高さ」にこだわったことはありますか?
座ってみて何となくしっくりきたから・・・そんな方も少なくないかもしれません。

この高さについては、人の姿勢を考えた「最適なサイズ」があります。
それが「差尺(さじゃく)」と呼ばれるものです。

テーブルと椅子の高さを考える上で大切になってくる「差尺」とは、テーブル天板の高さと椅子座面の高さの差を指すものです。差尺が小さいほどテーブルが低く感じ、反対に差尺が大きいほどテーブルは高く感じます。
当然のことながら、理想とされる差尺は座る人の体格によって異なりますが、その人に適した差尺を求める方法として、次のような計算式が知られています。

「最適な差尺(cm)≒ (座高 ÷ 3)− 2」

日本人の座高はおおむね身長の53〜55%と言われているので、身長×0.53〜0.55でだいたいの座高を求められます。仮に身長160cmの人なら、座高は85〜88cmということになります。そうすると最適な差尺は、(85〜88÷3)−2≒「26.3〜27.3cm」と求めることができます。

テーブルと一口に言っても、食事をするダイニングテーブル・くつろぐためのリビングテーブル・仕事をするためのワークテーブルなど、用途別にさまざまな種類があります。
先ほど理想的な差尺の計算方法をご紹介しましたが、これはあくまでも一般論。用途に応じて、向いている差尺は異なってきます。
まず、一般的なダイニングテーブル+椅子の組み合わせであれば、先述の計算方法で求めた差尺で問題ありません。座面が40cm程度、テーブルの高さが70cm程度という組み合わせが平均的と言えるでしょう。

さてここで、あなたにお気に入りのイスがあったとしましょう。
一方で、お気に入りのテーブルもあったとしましょう。
でも残念ながら、この2つの組み合わせで食事をするのが、必ずしも快適とは限りません。
お気に入りのイスがあったら、それに合わせてテーブルを造作してしまう。
そんなこともできるのもリノベーションの楽しさ。

プランを依頼するときは、これからも使い続けたい「お気に入り」をしっかり伝えていただくと
理想のリノベーションに近づいていくと思います。

==============================
エニシコーポレーションは
東京大田区の『リノベーション・リフォーム会社』。
物件のご紹介・販売、リノベーションの提案、施工、アフターフォローまで
一社完結のワンストップソリューションで対応しています。
==============================

株式会社エニシコーポレーション
東京都大田区西馬込 1-2-8 シャトー西馬込ビル1階

TEL:0800-888-8168(フリーダイヤル)
公式HP : https://enishi168.com
公式Facebook : https://www.facebook.com/enishi.coltd/
公式Instagram : https://www.instagram.com/enishi.co.ltd/
公式YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCcyaQLYdgN4HgYjvCdVo9jw
——————————————————————————————