ENISHI CORPORATION リノくら
COLUMNリノベーションコラム

マンションの間取り、基本のタイプを知っておこう

中古マンションを買ってリノベーションをすれば、
既存の間取りを大きく変えて自分たちのスタイルに変身させることが可能。
購入する物件の間取りは気にしなくていい、と思いがちですが、
基本的な間取りの特徴を知っておくことで、効率的なリノベーションを実現することも可能になります。
そこで今回は、よくあるマンションの間取りのタイプをご紹介します。

田の字型

 

外廊下型マンション(共用廊下が外に面しているスタイル)で最も多いのが田の字型の間取りです。田の字型は玄関から入って真っ直ぐに廊下があり、住戸の真ん中あたりに水回りが配置されることが一般的で、廊下や水回りを境に居室が田の字のように配置されるスタイルです。水回りをまとめると家事動線も良いため、合理的な間取りといえます。

センターイン型

 

玄関が住戸の中央付近に設けられている間取りです。玄関から各部屋につながるような間取りで、各部屋の独立性が高いのが特徴です。家族それぞれのプライバシーが守られる、廊下が短いため部屋や収納の面積を広げられる、通風や採光が良いといったメリットを得られます。

ワイドスパン型

 

バルコニー側の間口が広いタイプで、バルコニーに面した部屋を多くしたい時に採用される間取りです。窓が増えることで採光が良くなり、それぞれの部屋が明るくなります。室内廊下を短くして居室の面積を確保できるなどのメリットもあります。

こちらは、ワイドスパン形の間取りをリノベーションしたケース。既存間取りは、リビングに面した和室を含めた3LDK。スッキリと収まりの良い間取りです。
この和室を、リノベーションで大改造。リビングを広げ、小さなベットルームを隣に。朝の陽射しが心地よい空間になりました。
また、3LDKから2LDKに部屋数を減らしたことで、洗面所を広くし大きなカウンター付き洗面化粧台を設置。玄関に土間としての機能を持たせ、1.3畳もの広さを確保した収納力抜群のシューズインクローゼットも設けています。

間取りの特徴を知っておくと、自分たちの暮らしに合うのはどんなタイプか、想像しやすくなります。
ぜひ参考にしてみてください。

==============================
エニシコーポレーションは
東京大田区の『リノベーション・リフォーム会社』。
物件のご紹介・販売、リノベーションの提案、施工、アフターフォローまで
一社完結のワンストップソリューションで対応しています。
==============================

株式会社エニシコーポレーション
東京都大田区西馬込 1-2-8 シャトー西馬込ビル1階

TEL:0800-888-8168(フリーダイヤル)
公式HP : https://enishi168.com
公式Facebook : https://www.facebook.com/enishi.coltd/
公式Instagram : https://www.instagram.com/enishi.co.ltd/
公式YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCcyaQLYdgN4HgYjvCdVo9jw
——————————————————————————————