ENISHI CORPORATION リノくら
COLUMNリノベーションコラム

[リノベのコツ]リビング照明にダウンライトを使う

リノベに役立つノウハウもお伝えしているこのコーナー。
今回は、最近様々な部分で使われる「ダウンライト」の特徴や、リビングにダウンライトを設置するメリットについてお話したいと思います。

玄関や廊下、水回りなどで用いられるイメージの強いダウンライトですが、最近ではリビングで使う例も増えてきています。シーリングライトなどのメイン照明を補完するためにダウンライトを用いるだけでなく、ダウンライトを組み合わせてメイン照明にしている部屋も見られます。

ダウンライトは照らし方によって、大きく「拡散タイプ」と「集光タイプ」の2つに分類することができます。比較的広い空間をまんべんなく照らすのが拡散タイプ、反対に1点集中型でスポットライト的に使用されるのが集光タイプです。例えばダイニングテーブルを照らしたい、飾り棚を照らしたいといった場合には集光タイプがぴったり。部屋全体を明るくしたいという場合には拡散タイプが向いていると言えます。

こうして考えると、リビングだと拡散タイプが向いていると考える人が多いかもしれません。実際、リビングの中央部には拡散タイプのダウンライトが使われる傾向にありますが、集光タイプを組み合わせて使うことでメリハリのあるリビング照明を実現できます。

ダウンライトをリビングに使うメリットについてご紹介していきましょう。

◎照明が目立たず空間をスッキリさせられる

1つ目のメリットが、先ほどもご紹介した空間をスッキリさせられるという点。ダウンライトは天井に埋め込まれているので、天井がフラットになります。シンプルな内装にしたい場合 や、他のインテリアをアクセントにしたい場合などはダウンライトがおすすめです。

◎ホコリが溜まらないのでメンテナンスが楽

シーリングライトはゴミや虫がカバーに入り込んでしまうため、定期的に掃除しなければなりません。対するダウンライトは天井に埋め込まれていて、ホコリが溜まりにくい構造。あまり掃除をしなくても綺麗に保つことができます。

◎地震の時にも安心

天井に器具で取り付けているシーリングライトは、地震で落下する危険性があります。一方、ダウンライトは埋め込み式ですので、比較的安心な照明と言えるでしょう。一日の中で長い時間を過ごすリビングは安全性が重要になりますから、リビングで使うことを考えると大きなメリットですね。

一方で、設置箇所や照明の数を簡単に変えられないなど気を付けるべき点もあります。

天井に埋め込むダウンライトを設置するにあたっては、設置場所の天井に穴を開ける必要があります。つまり、後から設置箇所を変更したり、数を増やしたり減らしたりといったことが難しいのです。
そのため、どこに何を置くのか考えた上で照明計画を立てることが大切。例えば、ソファやベッド・寝転ぶ場所の上にはライトを設置しない、ダイニングテーブル上には集光タイプのダウンライトを設置するといった配慮が必要です。
また、将来的な模様替えの可能性も考慮して照明計画を立てなければなりません。

また、必要に応じてシーリングライトをメイン照明として併用するのも有効。シーリングライトで最低限の明かりを確保しておけば、後は自由にシーリングライトを配置できます。
照明にはいろいろとプロのノウハウが必要な分野。
リノベーションの際には、ご希望をお伝えいただきENISHIに相談してください。

==============================
エニシコーポレーションは
東京大田区の『リノベーション・リフォーム会社』。
物件のご紹介・販売、リノベーションの提案、施工、アフターフォローまで
一社完結のワンストップソリューションで対応しています。
==============================

株式会社エニシコーポレーション
東京都大田区西馬込 1-2-8 シャトー西馬込ビル1階

TEL:0800-888-8168(フリーダイヤル)
公式HP : https://enishi168.com
公式Facebook : https://www.facebook.com/enishi.coltd/
公式Instagram : https://www.instagram.com/enishi.co.ltd/
公式YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCcyaQLYdgN4HgYjvCdVo9jw
——————————————————————————————