ENISHI CORPORATION リノくら
COLUMNリノベーションコラム

[リノベーションの基礎知識] 管理規約のチェックが必須!の理由

以前こちらのコーナーで、「専有部分」と「共有部分」についてお話させていただきました。
リノベーションできるのは基本的に「専有部分」でしたね。
でもそれ以外にも、リノベーションに制限がある場合があります。
ポイントは「管理規約」。購入前にしっかり確認することが大切です。


住人が快適に暮らせるようマンションごとに管理組合で定めているのが管理規約です。リノベーションに関係が深い規約として、次のような点に注意しましょう。

●床の遮音性

規約ではフローリングの遮音性を定めていることがあり、その場合、フローリングの裏に遮音材を貼って遮音性を高めた製品を選ぶ必要があります。ただ二重床の場合は、二重構造によって遮音性が確保されるので、むく材などを使える場合もあります。
マンションによってはカーペットが決まりで、フローリングは禁止されている場合もあるので確認が必要です。

●電気・ガスの容量

電気の容量が小さいと電気製品を一度に多く使うことができません。50~60アンペアまで使えるマンションなら大抵の機器はOKですが、200VのIHクッキングヒーターは使えないケースもあります。 ガスの容量が小さく、パワフルな24号の給湯器が使えないケースや、ガス温水床暖房を使えない場合もあるので、希望している人は要確認です。

●禁止されている工事

コンクリートへのビス打ちは一切禁止、といった厳しい規約など、工事方法に制限がある場合もあります。何をするためにどんな工事になるのかは、プロでないと判断できません。物件購入にはリノベーション会社と相談が必須!という理由はそんなところにもあります。

●資材の搬入経路の制約

エレベーターや通路の使用に制限が加えられている場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

●工事前の届け出

工事前には管理組合に工事内容を届けることを義務づけているマンションもあります。また、管理規約にはなくても、工事中に騒音トラブルになることもあるので、近くの住戸の人には必ずあいさつまわりをして、工事を行う旨を伝えておきましょう。


リノベーションを行う上で、管理規約のチェックは必要不可欠です。
実質リノベーションが不可能だったりする場合もありますから、中古マンションの購入を決断する前に管理規約のコピーを手に入れ、自分たちの望むリノベーション内容とあわせて必ずリノベーション会社に相談してください。

==============================
エニシコーポレーションは
東京大田区の『リノベーション・リフォーム会社』。
物件のご紹介・販売、リノベーションの提案、施工、アフターフォローまで
一社完結のワンストップソリューションで対応しています。
==============================

株式会社エニシコーポレーション
東京都大田区西馬込 1-2-8 シャトー西馬込ビル1階

TEL:0800-888-8168(フリーダイヤル)
公式HP : https://enishi168.com
公式Facebook : https://www.facebook.com/enishi.coltd/
公式Instagram : https://www.instagram.com/enishi.co.ltd/
公式YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCcyaQLYdgN4HgYjvCdVo9jw
——————————————————————————————