ENISHI CORPORATION リノくら
COLUMNリノベーションコラム

ちょっとお得な「西向きの部屋」を考えてみる

日本のマンション市場で、不動の人気を誇るのは南向きの住戸。
しかし帰宅後の快適さや暖かさで評価するなら、ちょっと不人気な西向きの部屋も実はおすすめ。
今回はそんな「西向きの住まい」について触れてみたいと思います。

●在宅時間と日当たりで考える西向きの家

南向きの部屋の人気が高いのは、日当たりや部屋の内部に差し込む光を重視するため。確かに、太陽光は日中を通してほぼ南から差し込みます。
しかし、日中は通勤などで家をあける方も多いのではないでしょうか。お子さんがいらっしゃっても、共働きの場合は日中家族が過ごすのは自宅外というケースも多く聞かれます。そう考えると、無理に南向きの部屋にこだわる必要はないのかも知れません。
実際、午後から日当たりがよくなるのは西向きの家です。

【午後の日当たりが良く、冬場も暖かい】
本格的に日が差し込むのは午後から夕方にかけてなので、遅い起床の人は洗濯をやり始めるのが午後からでも十分乾きます。朝はゆっくり休みたいというタイプの人には、西向きの物件が合うといえます。

【夕日が楽しめる】
南や東向きからの部屋からは朝日が望めますが、キレイな夕日を楽しむことができるのは西向き物件ならではのメリットといえます。日中外に出ている方でしたら、帰宅後の楽しみがあるのは嬉しいところです。

ただし、西向きの部屋には不人気の原因である「西日」という強烈なファクターが存在します。
日の入り前の強烈な直射日光である西日と、日中建物や地面などに蓄積された熱の影響で、夕方以降部屋の中の気温が上昇してしまうことが考えられます。

特に夏場は部屋の中にが熱でこもりがち。日光の当たり方によっては家具も日焼けしてしまいます。そこで登場するのが「遮光カーテン」や「ブラインド」。こういったものを設置することで、強い直射日光や、こもりがちな熱に対し有効な対策を打つことができます。
また、窓に取り付けられる紫外線カットフィルムもあります。これは、見た目は透明で目立たないのですが、光を室内に入りにくくする効果があります。ホームセンターなどでも気軽に購入できます。

日当りを重視して住まいを選ぶ人は少なくありませんが、南向きが良いというイメージが先行してしまいがちです。
しかしそのイメージのおかげで、南向きに比べて西向きの方が、価格的なメリットがあります。
西向き物件だからといって見る前にやめておこうではなく、実際に現地に出向いて日当たりや周囲の環境も含めて判断してみましょう。

==============================
エニシコーポレーションは
東京大田区の『リノベーション・リフォーム会社』。
物件のご紹介・販売、リノベーションの提案、施工、アフターフォローまで
一社完結のワンストップソリューションで対応しています。
==============================

株式会社エニシコーポレーション
東京都大田区西馬込 1-2-8 シャトー西馬込ビル1階

TEL:0800-888-8168(フリーダイヤル)
公式HP : https://enishi168.com
公式Facebook : https://www.facebook.com/enishi.coltd/
公式Instagram : https://www.instagram.com/enishi.co.ltd/
公式YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCcyaQLYdgN4HgYjvCdVo9jw
——————————————————————————————