皆様こんにちは! エニシ代表の小倉です。

 

直す仕事(建材リペア)と創る仕事(リノベーション)を志し創業し、今年で早くも8年目となります。

おかげさまをもちましてただ今繁忙期中、忙しくさせていただいている小倉です。
本日は、そんな小倉が生まれて初めてのブログに挑戦いたします……

今回は初めてなものですから、手堅く当社の紹介をシリーズ的に紹介したいと思います。

 

シリーズ1:社名に込めた想い

図1

株式会社エニシコーポレーションは創業当初は個人屋号で『エニシ』とつけました。
これはひとえに会社を経営していくうえで、様々な人(お客様・お取引先・従業員)との出会いや『ご縁』を大切にしていくことが何よりも大事で大切にしていこうとの想いからつけた社名です。
今ではたくさんのお客様とお取引先・従業員に恵まれ、この社名にして良かったと心から思っています。

 

しかし!!

こんな思い入れのある社名も、創業前には全く違う方向に行くところだったのです。
エニシは私と現在リノベーション事業の責任者である高城と創業した会社です。
私達は、直す仕事(建材リペア)を得意としておりどんな仕事をしていくか、どう営業展開していくかなどのビジョンと手応えを感じていました。
そして必ず会社を成長させていこうとの強い決意を交わしました。

そこで私がこだわったのが社名です!

初めての創業、社名にはこだわろうと色々考えていました。
私はどちらかというと昭和生まれの昭和気質といいますか、発想力も偏りがあり「横文字が苦手な面があったのです。

また、縁起を担ぐタイプだったのです。

私が思いついた社名『屋号』の候補がこちらです。 ※お恥ずかしい・・・・
・①七福  皆様ご存じのとおり七福神の神様から引用しとても縁起が良さそうですね
いずれは株式会社 七福となったらいいなと
・②総合内装 七福     同上
・③Kコーポレーション  ただの私のイニシャル名前頭文字でとってつけたダミー候補です
私の本命は①か②だったのです。

この3つを紙に書き出し高城に見せた時の彼の反応は今でも覚えています。

俗にいう『ドン引き!』でした。

仕事に関しては余程のことがない限り阿吽の呼吸で進めてきたのが、

この時ばかりはちょっと待てと言わんばかりに猛烈に拒絶してきました。
彼はレゲエなど洋楽が好きで、私とは真反対の趣味趣向の持ち主だったのです。
私は言いました。
会社をやっていくうえで社名は大事だ!案がないなら反対するな!
縁起が良さそうでいいじゃないか、ご縁は大事だろ。
そうです、私はもともと『ご縁』がしっくりきて好きだったんですね。
彼は言いました。

自分にも考えさせろ!

私は言いました。

2日間だけ待つ!

2日目の仕事が終わった夕方、高城が一枚の紙に手書きで社名案を持ってきて私に説明を始めました。

『縁起』『ご縁』が好きなのはわかったが七福は嫌です。

そこで『縁』は『えにし』とも読むので屋号は『エニシ』でどうか、これならしっくりくるのではないかと言うのです。

2秒後、私はこれは良い!決めた!これでいこう!

 

会社パンフ

これが当社の社名が決まる裏舞台です。
社名が決まるプロセスはどうあれ、社名に込めた想いは毎年毎年目に見える形で私に希望を与えてくれます。
第一に会社が成長するとともに仲間(従業員)が増えたことです。
社員は私含め17名、リペア部門の技能スタッフが48名です。
そして、お客様、お取引先も年々増えてきていることです。

会社の代表者として年々その責任も増しますが、皆に支えられ今後も『エニシ』を成長させていくよう頑張ってまいります。

どうぞ皆様宜しくお願い申し上げます。

2017年2月23日更新