ステンレス製品補修

ステンレス製品補修

昨今、建築業界でのステンレス材の用途拡大は目覚ましく、代表的なキッチンシンクに始まり、キッチンパネル、浴槽、玄関ドアの枠、 マンション共用部のエレベーター内外部、エントランスホール、玄関ドア、etc…と、 枚挙に暇がありません。 それほどまでに身近にありふれた要因はその「特性」によるものだと思われます。 ステンレスの「ステン」とは日本語で「汚れる、錆びる」、「レス」は「~しない」という 否定系の意味合いで、訳すと「錆びない」「錆びにくい」という意味になります。
この特性は水回りに大いに発揮され今日に至っています。
しかし、「錆びない」「錆びにくい」金属とはいえども未来永劫、強固な物質ではなく、それは例外にもれず傷付き、汚れ、劣化していきます。
そこで、弊社が取り扱いを始めた「ステンレス製品補修」のご紹介になります。不意に物を落としてできてしまった凹みや陥没、ひっかき傷、線傷、擦り傷、水垢の曇りなど傷の大きさ傷つき具合にもよりますが、ポリッシャー研磨やTIG溶接を施し修復を行います。

ステンレス製品とは

ステンレスは優れた耐久性・耐食性・意匠性を持ち合わせており、更に再利用も可能な材料として環境にやさしく様々な分野で活用されております。
過去数年前までは強固な部材の為補修が非常に難しいとされていましたが、ここ近年さまざまな機器と技術力が格段に向上し、今では補修可能な部材となりました。メンテナンス次第では長く使える建築素材の一つとして未来の建築現場に必要不可欠な材料になりうるであろうと共に、再利用できるという特質を最大限活かしリサイクル理念の元、あらゆる分野の市場を引率する大きな担い手となっていくと思われます。

ステンレス製品補修「研磨」

ステンレス製品補修 リペア

ステンレスは研磨方法により鏡の様に仕上げたり、硬質感があるヘアライン、デザイン性のある市松模様や宇宙に漂う星の様に見えるバイブレーションや銀河など様々な仕様に仕上げる事が可能です。
また、日常お使いになられているキッチンシンクの水垢や錆びなどで本来のステンレスの良さが軽減されてしまった場合でも、ポリッシャーやグラインダーといった研磨器を駆使し、最終的には手仕事で磨きを掛け、艶を出し本来のステンレスの持つ良さを引き出します。

ステンレス製品補修「溶接」

ステンレス製品補修

凹みや陥没、口径が小さな穴などはTIG溶接というアルゴンガスを用いた電解溶接を行います。もちろん資格保持が原則で資格保有者を有しております。
主な用途は凹みを埋めたり、陥没を引き上げるために引っ掛けられるステン部材を溶接しスライドハンマーという物で引っ張るという作業を行います。このように技術向上を目標に日夜研修を行いお客様に喜んで頂ける技術力を目指して邁進してまいります。
※傷や凹みの状態によっては補修しても直りきらない場合がございますのでご了承ください。

ステンレス製品補修事例

ステンレス製品補修 リペア
日時・場所 2016年6月某日 葛飾区新築のマンション現場
依頼内容 住居内玄関下ステンレス枠の凹みと線傷 計4か所
作業時間 8:00から15:00(1日間)
作業概要 凹みは直径1.5~2cmで引っ張り上げるより溶接したほうが良いと判断。 溶接後ペーパーの番丁を上げながら研磨。
線傷は最大で約5cm大程のものが3か所別々の部屋にあり、こちらもペーパーの番丁を上げながら研磨を掛けた。

ご依頼までの流れ

お問い合わせ
お名前、ご住所、ご連絡先、対象物の状態、対象物の写真を数枚、以下のお問い合わせフォームよりお送りください。
ご連絡
ご依頼内容確認後、担当者より補修内容のご確認とお打合せのご連絡を入れさせて頂きます。
お見積り
お打合せ終了後、金額のご提示をさせて頂きます。
補修作業
ご了承頂けましたら、お客様のご都合のよい日程と時間を決め、後日伺います。
作業確認・ご請求
作業後、補修箇所をご確認頂き、宜しければ作業終了となります。
後日請求書をお送りさせて頂きます。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ