ホーム > リノベーション > コラム > リノベーションで防音対策

リノベーションで防音対策

住宅に関する問題で特に気を遣うのは、近所や隣人に対する防音・遮音対策です。
音に関する問題は日常生活にも大きな影響を与えるため、充分な対策が必要となります。
特に分譲マンションなどは、上下階や隣の室の住人が変わることがあまりないため、長く良い関係を築くためにも充分な配慮が欠かせません。

 

fa75fa2d68e06abb34a1f13420bf3b44_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足音が大きくなってしまう子供がいたり、音の響きやすい楽器を使用する場合などは、防音・遮音機能は必須とも言えます。
その他にも音の響きやすい夜間の活動が多い方なども、音に関するトラブルが起こりやすい状態なので注意が必要です。
無駄な気遣いを増やしたり、近隣住人とのトラブルを起こさないためにも、防音対策を検討してみてはいかがでしょうか?
これらの対策は一軒家やマンションに限らず、天井や床、壁に防音効果を付与するリノベーションで解決することが可能となっています。
また防音効果を目的としたリノベーションは、家の中で起こる音が外に漏れるのを防ぐと同時に、外からの音を防ぐための遮音効果も得られるため、騒音のない快適な生活を手に入れることができます。
プライベートな空間を、静かで穏やかなものにするためにも、リノベーションで防音対策を行うことをお薦めします。
防音・遮音を前提としたリノベーションでは、床や壁、窓といった部分の施工が一般的となります。
マンションや二階建ての住宅など、下の階への配慮が必要となる場合などに必要となるのが床の施工で、

これには様々な施工方法があります。
手軽なものであれば、低反発素材やコルクなどでできた防音カーペットの利用などが検討されますが、

こちらはあくまで普通の足音やスプーンなどの軽い物を落とした時の吸音アイテムです。
子供が遠慮なく走っている時の音や、ピアノなどの楽器から発せられる音までは、完全に防ぐことができないので注意が必要です。
それらの音を防ぐのに適しているものであれば、遮音タイプのフローリングを利用することや、防音効果の高い二重床にする方法などが一般的です。
これらは普段の生活音に対し、非常に優れた防音効果を持っています。
更に遮音効果にも優れているのが、緩衝材を敷き詰めた上にフローリングを施工する方法で、こちらは非常に防音性が高くなります。
仕上材の下にグラスウールという素材を使用することも非常に効果的で、これは非常に吸音性に優れた素材となっています。
断熱材としてもよく使用されており、価格も手の出やすいものが多いのが特徴です。
その他にも防音機能のある仕上材を使用したり、その下に遮音マットを敷いたりする方法などがあります。
もちろん床の厚さも影響が出るので、リノベーションを行う前にどれ程の厚さにするのか確認しておくことも重要となります。
集団住宅となるマンションやアパートでは、一番多いトラブルが上の階の生活音に対する音のトラブルです。
床に関しては特に注意を払い、トラブルとならないように慎重な選択が推奨されます。
壁の施工についても床同様、壁の厚さや素材などが重要となります。
また壁の防音においては、素材同士の間に隙間が生じないよう注意する必要があります。
隙間ができていると音が共鳴しやすくなってしまい、防音性能が格段に落ちてしまう場合があるからです。
更に下の階への音は壁を伝った振動音も多く届いてしまうため、

床の施工をしっかりしていても、壁の施工が上手くいっていないと階下に音が響いてしまうケースもあります。
遮音下地を入れるなどの工夫を行い、上手に防音する必要があります。
素材として防音や遮音性に優れているのは、吸音材や遮音シートなどになり、

石膏ボードを用いることで更に性能の高い防音壁となります。
壁は音の通り道でもあるので、高い効果のある防音素材を使用することが推奨されます。
窓に対する防音や遮音については、外からの騒音を防ぐためにも注視すべきです。
最も手軽な対策は遮音仕様のカーテンを用いることです。
こちらは赤ちゃんの鳴き声などは防音することができますが、電車や工事の音といった振動音には効果が低いのが難点です。
そこでおすすめなのが防音ガラスの導入です。

優れた防音ガラスを入れることで容易に音を遮ることができるので、防音対策をするさいは導入をおすすめします。
ただし分譲マンションや賃貸物件の場合は、窓枠の変更など規約上不可能なケースもあるので、事前に確認しておく必要があります。
その他にも大きな音を立てることを想定して、一室まるごとリノベーションする方法もあります。
部屋の上下に防振支持を用い、部屋全体に浮いている空間を作り音が伝わらないように施工するもので、こちらは部屋の広さや家の造りによって様々な処置が必要となる専門技術が必須のリノベーションとなっています。
こちらは演奏を気兼ねなく楽しめるのは勿論、

音楽の鑑賞においても近隣に対する配慮が不要となるため、気兼ねなく音楽を楽しむことができるようになります。
このように防音対策のリノベーションはどうしても大掛かりになりがちなため、専門の業者やスタッフによる施工が推奨されます。
戸建住宅であれば家全体の防音ではなく、

一室だけであったり壁のみであったりといった、部分的な防音リノベーションを行うことも多くあります。
子供部屋や寝室といったプライベートな空間のみのリノベーションであれば、費用もぐっと抑えることが可能です。
専門の技術者であれば施工に誤りがないのは勿論、

より効果的な施工を行うことができ、尚且つ費用面でも予算に合った施工を検討しやすくなります。
防音のレベルによって適切な施工と、それに伴う費用を事前に相談ができるので、失敗がないのも魅力の一つです。
また現在悩んでいる音がどういったものであるかが明確な場合、ピンポイントで適切な施工ができるため、費用を抑えることもできます。
リノベーションで失敗したくないという方は、目的や用途に合わせた専門業者を選ぶことが重要といえます。
予め改善したい点や理想とするリノベーションなどをまとめておき、予算などを決めておくと良いでしょう。
適切なリノベーションで防音・遮音対策を上手に行い、静かで穏やかなプライベード空間を手に入れましょう。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ