ホーム > リノベーション > コラム > おすすめ!北欧テイストなリノベーション

おすすめ!北欧テイストなリノベーション

温かみがあり、落ち着いた雰囲気が特徴の北欧テイストのリノベーション。

デザイン性にも優れているので、オシャレな空間で生活したいと考えている方にも人気があります。

特徴としては、ナチュラルなカラーや木目がわかる家具、自然素材を活かした内装です。

内装や家具に使用される色合いはホワイトやブラウン、グリーンなどですが、

主に自然の中に存在している色を用いていることが共通しています。さらに、デザインとしてはシンプルなものが多く、机や椅子などは木本来の色合いをそのまま使用した種類があります。

北欧テイストの空間づくりを目指している方は色の種類を減らしつつ、紹介したような色を使用してシンプルな空間を心がけましょう。
また見た目だけでなく、機能としても北欧テイストのリノベーションは注目されています。

北欧として代表されるノルウェーやスウェーデンなどの国々は冬が長く、最低気温は日本より低くなります。

そのような環境で過ごさなければならない家は外の冷たい気を室内に入れず、

室内の暖かい空気を外へ漏らさないような工夫がなされています。

そのため、内装を北欧テイストに作り変えることによって温度調整を効果的に行える他、電気代の節約にも繋がります。

具体的には窓ガラスの気密性を向上させるように、ガラスの層を何枚も重ねたような構造が採用されることが多いです。

このような機能的な面からも北欧テイストな空間は注目され、リノベーションする家庭が多くなっています。
具体的なリノベーションの方法として、フローリングの素材を家具や壁紙に合わせて変えるというものがあります。

例えば、重厚感と耐久性に優れたオーク材を利用したフローリングです。

オーク材は色の白さと特有の大きな木目模様が特徴となっています。

そして、天然素材であるため、時間を重ねていくことにより色の変化や部屋に馴染んでいく感覚を楽しむことができます。

白を基調とした壁や北欧のヴィンテージ家具に合いやすい素材です。

さらに、北欧ヴィンテージ家具の多くに使われているチーク材を使用したフローリングもあります。

黒やベージュといった濃い目の色合いが目立つラインが床に現れ、独特な風合いをかもし出します。

他の北欧インテリアともマッチしやすく、北欧テイストな空間を作りやすい素材です。

注意点として、フローリング一枚一枚に木目の色や形が異なるので、実際にこの素材を採用する際は部屋のインテリアや壁紙などのバランスを考えて貼る必要があるでしょう。
また、綺麗な仕上がりを目指す方におすすめの素材であるピンカド材は、赤みがかったキメの細かい木肌が特徴です。重く硬い素材としても有名で、チーク材よりも30%ほど強度が高くなっています。

そして、全体的な色合いに統一感があり、フローリングの仕上がりが綺麗になります。強度と見た目の美しさに人気がある素材です。
他にも、素材の組み合わせ方で表情が変わるローズウッド材も人気があります。

一枚一枚に木目の縞模様がしっかり詰まり、光沢感がある素材です。

さらに紫がかったものや、深い緑が入ったものなど個性的な色合いが特徴となっています。

価格としては高級な種類の素材ですが、オリジナリティ溢れる空間づくりができます。家具・インテリアに合わせてフローリングのカラーを考えられます。

例として、ローズウッドを敷いたフローリングに白をベースとした壁、天井には暖色系のレッドシダーを使用することで柔らかい印象のある空間となります。

35985244f14edd5a7040ab92435bb6ab_s
ここからは、空間別の具体的なリノベーション内容をいくつか紹介します。
キッチンの場合はコンロや水回り、収納スペースを白で統一し、吊戸棚の代わりにヴィンテージ風に着色した飾り棚を取り付けます。

棚の下にはスポットライトを取り付け、手元の照明とします。

さらに、コンロ周りの壁にアンティークレンガを敷き詰めることで北欧テイストを引き立たせる効果があります。

シンプルな色合いをベースにアンティーク調なデザインを取り入れることがポイントです。

 

次に、リビングのリノベーションとして、明るい印象でまとめたものがあります。白をベースとした壁にパステルカラーの扉を取り付けます。そこに、北欧テイストの家具・インテリアを配置して、床には無垢オーク材を使用します。部屋全体が淡い色で統一されることで、インテリアや家具が引き立ちます。
また、北欧モダンを目指して、モノトーンなデザインを採用したリビングのリノベーションもあります。壁は全て塗装仕上げで、北欧テイストの家具・インテリアは白と黒で統一します。床はグレーの合版フローリングが採用され、天井付近は露出配管が張り巡らせることでインダストリアルな雰囲気があります。

 

d8e0f7ac63ec7df921b85eb47c4484bd_s

 

 

次は、マンションの部屋全てを北欧テイストでまとめたリノベーションです。

キッチンやリビング、ダイニング全てに木のぬくもりが感じられる素材を使用した家具を配置する他、

床は木目のわかるフローリングが敷かれ、壁は淡いグリーンのカラーリングを施します。

どの空間もナチュラルな色目が取り入れられていることがポイントです。

このような自然の暖かみが感じられるリノベーションは北欧テイストとしてはオーソドックスな内容で人気があります。
続いて、北欧レトロな雰囲気を重視したリノベーションです。

リビング・ダイニングにはタイルやアイアンを床材として使用し、ヴィンテージの家具を配置することで北欧レトロな雰囲気をかもし出すことができます。

扉にはブルーグレーのカラーリングを施し、ダークブラウンの家具、柱を取り入れると落ち着いた空間となり全体的にバランスが取れます。
北欧テイストといってもナチュラル、モダン、レトロ等様々な種類があります。

それぞれの種類において配置する家具のデザインやカラーが異なる他、壁や床の素材・色合いも変わってきます。そのため、同じ北欧テイストでも感じる印象や雰囲気が全て異なります。
希望するリノベーションを行うために、あらかじめ具体的な完成イメージを固めて施工会社と相談すると、必要な家具・壁・床の素材がスムーズに決まります。また、機能面においても要望があればまとめておきましょう。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ