ホーム > リノベーション > コラム > 将来の介護生活の為にリノベーションを検討中の方へ

将来の介護生活の為にリノベーションを検討中の方へ

皆さんの中には将来の介護生活に備えて、自宅のリノベーションを考えている方もいるでしょう。

介護生活に備えて行うリノベーションのメリットと具体的にどの箇所をどのように直したら良いのか、そしてリノベーションを行うべき時期について考えてみます。
まず、介護生活に備えて行うリノベーションのメリットについては、リノベーションを行うことで介護をされる本人の行動範囲が広がったり、自力で出来ることが増える可能性が高まります。

それによって介護をされる本人だけでなく、介護をする家族の負担を減らすことにも繋がるでしょう。

例えば、介護をされる本人に自力での歩行が困難という症状が出たとしても、

事前のリノベーションで手すりを増やしておくと、人の手を借りずに自宅内を自由に移動することがしやすい環境になります。

これは介護される本人の自尊心を守り、自信に繋がることも考えられますし、

また自力で歩行をする努力を少しずつでも積み重ねることはリハビリにもなり、症状によっては自力で歩行出来る状態に回復するかもしれません。

また、毎日努力を続けることで筋力の衰えを極力遅らせることも出来るため、

ベッドでの寝たきり介護になってしまうことも遅らせることが出来る可能性もあります。

そして、メリットは介護される本人だけに限ったことではありません。

介護される本人が出来る限り自力で生活出来る環境を整えておくことで、介護をする家族の負担を大きく減らすことが出来ます。自力での歩行が困難な方は手すりが備え付けられていない場合、ベッドからお手洗いまでの短い道のりですら家族が支えてあげなければなりません。

その他にも、日々の細々とした行動や作業の度に家族の支えが必要になるところはリノベーションによってカバー出来る部分が少なからずあるという事を知っておくのは有効な手段と言えます。

 

c6407c118551014f568072183248b136_s

 

次に、介護生活に向けてのリノベーションを考える時に、ぜひ検討して欲しい部分は手すりの設置と細かい段差をなくす事です。

そして、予算があればお風呂にも介護に適した設備を設置すると良いでしょう。

手すりの設置は先にも述べた通り、介護される本人にとって自力で行動するために必要となる可能性が高いです。

どのような症状であれ、介護が必要な状態というのは健康な時とは異なり、立った時や歩く時のバランスが取り辛くなる場合が多くなります。

たとえ自力での歩行が可能だったとしても、とっさの時に掴まることが出来る手すりを増やしておく事で、事故を未然に防げるでしょう。そして、手すりと同じく必ず検討して欲しいのが、自宅内の細かい段差をなくす事です。

本当に小さな段差だとしても、足腰が弱って足が上がらなくなるとこの小さな段差につまづき、大怪我を引き起こすことも考えられます。特に高齢の場合は大きな注意が必要です。

つまづいて転んでしまうことで骨折してしまい、それがきっかけで寝たきりの生活になる可能性があるからです。

そして、一度寝たきり状態になってしまうと全身の筋肉が衰えてしまい、回復が難しくなってしまうことも考えられます。

そのような状況を防ぎ、自宅内をより安全に過ごしてもらえるように、小さな段差は極力なくしておきましょう。

予算があれば検討して欲しいものがお風呂の設備の見直しです。介護作業の中で、最も辛い作業として捉えられる事が多いのが入浴です。介護される方が大人の場合は体を洗うだけでも大変ですが、湯船に浸からせる作業を家族だけで行うのは本当に辛い作業になってきます。入浴をさせる事は体力もとても使いますし、場合によっては入浴の作業がきっかけで腰を痛めるなど、

介護する側の家族の体調を崩してしまう原因にもなり得ます。

そこで人力ではなく、機械などを使って簡単に入浴をさせられるような設備をあらかじめ浴室に設置しておくと負担が軽減できます。

現在、ユニットバスなどを提供しているメーカーの中には、介護での入浴時に使える設備を開発している会社もあります。

本格的な介護用の設備の他にも、シャワーを介護用に応用させたものなど様々なものが開発されてきています。

予算に合わせて入浴設備も設置しておく事で、将来の介護の負担を大きく減らすことが出来るでしょう。

ここまで介護生活に備えたリノベーションのメリットや具体的な内容をお伝えしてきましたが、

これらと同様に大切なのがリノベーションを行う時期です。

介護用品や介護用のシステムなどは年々進化していますので、

最新のものを導入するためにはリノベーションの時期を極力遅らせる方が良いように思えるかもしれません。

ですが、何より大切なのはリノベーションの費用を無理なく払える時期に行ってしまうということです。

介護が目前に迫ってきてからでは介護自体にもお金がかかることが考えられ、

リノベーションにあまり予算を掛けられないかもしれません。

出来れば介護について実感を持てないような自身はもちろんのこと、家族全員が元気な間に行うのがベストです。

リノベーションの内容によっては一時的な引っ越しが必要になる場合もありますし、

そのような場合には賃貸マンションなどに引っ越しをしなければならない可能性もあります。

リノベーション自体に費用がかかるのはもちろんのこと、それ以外の予期しなかったことにもお金がかかってくることも考えられるため、予想外の出費にも耐えられるよう、家族が元気で稼げる間にリノベーションを済ませておくことが大切です。
このように介護生活に備えて早めに自宅のリノベーションを行っておくことは、老後の自身の生活の質を上げることはもちろん、家族の負担を大きく減らすことに繋がります。

もしかしたら介護を必要とせずに永く健康に過ごせるかもしれませんが、人生何が起こるか分かりません。

病気にはならなかったとしても、事故に巻き込まれることも考えられるからです。

そのため、誰でも将来介護生活を送らざるを得ない可能性があります。

介護生活になってからではリノベーションを行うにも家族の負担が更に増えてしまうことも考えられますし、リノベーションの予算を捻出することも難しいかもしれません。

将来、介護生活になってしまった時に自身はもちろん家族も快適に過ごせるように、今からしっかり対策をしておきましょう。

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ