ホーム > リノベーション > コラム > リノベーションでシェアハウス経営?オーナーの方にオススメ!

リノベーションでシェアハウス経営?オーナーの方にオススメ!

世間で注目されるようになったシェアハウスが東京をはじめ主要都市では定着しつつあります。

事実シェアハウスとして使用される累計住居数は急激な増加傾向にあり、利用する人の年齢層も20代の若者中心から30代へと拡大しています。

9cc0545bd4fa5a5ce64c7b9397b7a122_s

 

非正規労働者の増加や晩婚化などの影響もあり若い人にとってシェアハウスという住み方は多くのメリットを得ることができます。

まずコストからみると普通の賃貸物件に比べるとシェアハウスの家賃は低く抑えられています。

賃貸物件では当たり前となっている敷金や礼金などが必要のないシェアハウスも多くあります。

またテレビやソファー、キッチン用具など賃貸物件だと必要となる初期費用が掛からないのもシェアハウスの魅力です。

賃貸物件よりも低コストでありながら、広々としたリビングやキッチンを利用できる訳ですからシェアハウスに魅かれる若者が多いのも頷けます。またシェアハウスに住むことで他の人との交流が持てることも大きなメリットです。

一人暮らしゆえに感じる孤独感を嫌う人にはシェアハウスはちょうど良い住み方と言えるでしょう。

シェアハウスの経営者側から見ても自分の不動産をシェアハウス用にリノベーションするのには多くのメリットを挙げることができます。近年は住宅の空き家問題が話題となっているようになかなか借り手や買い手が見つからないということも珍しくありません。

所有する一軒家やマンションが長期間誰も住まない状況になると、収入が全くない状況にも関わらず維持コストがかかり、さらに物件の劣化が進むという悪循環に陥ります。

また自分の不動産を査定依頼したものの思ったよりも査定価格が低かったという事もあるでしょう。

シェアハウスなら一つの物件に幾つもの部屋を作り分割して貸し出すので入居者が一人退居したとしても収入には大きく響きません。

他にも複数の入居者がいれば賃貸物件のように空き部屋になると収入がゼロというリスクを抑えることができます。

また所有する不動産の立地や大きさを考えてシェアハウスにするオーナーさんも多くいます。

賃貸物件だと各物件にキッチンや洗面所、リビングを備えるために必要となる専有面積が大きくなります。

シェアハウスなら複数の部屋を作り、共用スペースは一つで済みます。

そのため不動産が狭小地にあるとしても高収益に繋げることができます。

またシェアハウスは保証人なしでも入居できることや外国人も入居しやすいことから幅広いターゲットを相手にマーケティングできるため安定した収入を確保できるでしょう。

次にシェアハウスが他の賃貸物件と比べると活用性が高いことをメリットとして挙げることができます。

シェアハウスの経営者によっては入居者との交流を楽しみにしている方もいます。

オーナー自身がシェアハウスの一部屋に住むなら他の入居者との交流をすることで新しい発見をすることや視野を広げることに繋がります。

また入居者と一緒に食事をすることや時には料理をシェアすることで温かい交流を持つこともできるでしょう。

オーナー自身が入居するなら当然ながら賃料は必要ありません。

その間のローン返済には他の入居者からの賃料を当てることができるのでとても効率的と言えます。

また将来的にはシェアハウスを自宅に転用して暮らしたいという場合もあるでしょう。賃貸物件としてリノベーションすると難しい転用もシェアハウスなら大きな問題もなく自由に行えます。

シェアハウスを実際に運営するなら覚えておきたい大切な点が幾つかあります。

まず基本的な事として一般的な賃貸物件と比べるとシェアハウスは管理することが複雑になりがちです。

入居者募集や運営方法も賃貸物件とは異なりシェアハウス独自のノウハウが必要となるでしょう。

そのため運営については管理会社に委託するのが普通となっています。

委託料金も賃貸物件に比べ高額になっています。そのためシェアハウスの経営者として経験を積んだなら自ら管理及び運営に手を伸ばしコストを抑えることができるでしょう。

シェアハウスの経営者は初期費用や設備投資に一定の費用が掛かることも忘れてはなりません。

特に所有物件をシェアハウス用にリノベーションするならターゲットとする入居者層を絞ることも大切です。

女性専用のシェアハウスならキッチン設備を充実させ、大きなバスタブを設置することで魅力をアップさせることができます。

ソファーやその他インテリアもデザイン性の高いものを選択しましょう。外国人の入居者も募集して国際交流をコンセプトに掲げたいなら広々としたリビングや簡単な英会話クラスを開けるような設備も必要となるかもしれません。

いずれにしてもコンセプトをはっきりと決めることで住んでほしい入居者を集めることが可能です。また他のシェアハウスと異なる独自性を出すことで話題にもなりやすく大きな宣伝効果を期待することができるでしょう。

シェアハウスのコンセプトや入居者が決まると運営を開始することになります。

シェアハウスは賃貸物件とは異なり入居者同士の距離が近いために時にはトラブルになることもあります。

入居者の中でトラブルが発生すると退居へ繋がってしまうので予めトラブルを未然に防ぐことが大切です。

オーナーさんの中にはシェアハウスの決まり事やルールをしっかりと決めている方もいます。

共用スペースの掃除やゴミ出しのルール、さらに喫煙のルール、

決め事を守らない入居者への対応策なども明記しておくことで不要な摩擦や喧嘩を防ぎます。

定期的に自らがシェアハウスに足を運ぶことができるなら様子を小まめにチェックできますが、それが難しい場合には信頼できる入居者に協力を依頼しフィードバックしてもらうことも可能でしょう。

シェアハウスは集団生活の中で得られる安心感や人との交流が大きな魅力です。

少子高齢化や単身者が増えることが確実視されていることを考えるとシェアハウスの需要は今後も増え続けることでしょう。

いち早くシェアハウス経営を始めることで経験値を上げ、独自のノウハウを確立することで安定した収入や高利益を確保できるかもしれません。運営や管理の仕方で分からないことがあれば専門の業者に相談することで良いアドバイスをもらうこともできるしょう。

 

ご相談・概算お見積り・物件探しお手伝い無料

気長に物件を探している方・なるべく早くリノベーション工事をしたい方・話だけでも聞いてみたい方・ご相談等は全て無料ですのでまずはお気軽にお問合せください。

無料問い合わせ 無料問い合わせ