トップメッセージ

すべての社員が輝き、イキイキ!できる場所

私たちは、中古住宅のリノベーション事業を基盤に新しい価値を創造する企業です。急速に変化する時代にあって、 これから働く場所をどのようにして選びますか? そして一番大切なこととは何でしょうか? それはその場所で自分がどれだけ成長:イキイキ!できるかだと思うのです。 私たちは新築で作られてから時間が経過し価値が下がった中古物件に新しい価値を創造します。お客様の期待を超える仕事、お客様の想像を超える価値を作ることは決して簡単ではありません。だからこそ、その仕事を達成したときに自分の成長『イキイキ』や『や りがい』を肌で感じることができるのです。

ベンチャーで働く意義とは?

トップメッセージ

エニシで働く人財には『新しい価値を作り出す=事故の成長』こそが最も重要だと考えています。
大手企業であれ、中小企業であれ、企業規模に関わらず、時代のニーズに目を背け、自らの変革を欲求しない企業は間違いなく市場から淘汰されることでしょう。
常に変革する世界を受け入れ、新しい価値を自ら作り出すことに挑戦し、自己の成長を続ける。そして個人としても、物事に対し常に主体的に考え、積極的にその中心に関わりを持ちつづけ、大いなる工夫と改善を打ち出し、もしくは大胆な発想で変革(イノベーション orinnovation)を巻き起こすのです。
また、それには、早い段階で権限と責任を持ち、裁量を持って物事に挑戦できる環境が必要なのです。私達エニシコーポレーションにはその土壌があります。
これからの自分を輝かせイキイキ!!させる人生を歩むのであれば、安定を求めるだけでは なく、物事の中心に立ち、新しい価値を作りだす側に立つことが最も大切だと考えます。

我々は当社の理念・方向性・志に
共感いただけるみなさまを、ぜひお待ちしております。

トップメッセージ

溢れるニーズをキャッチするリノベーションというビジネス
私たちのリノベーションビジネスは時代の追い風を受けるチャンスに満ちたビジネスでも あります。その最大の理由は、一貫して上昇する空き家率問題です。現在の日本は人口減少、 少子化が進んでおり、家に対して住む人が年々減り続けています。
それなのに新築着工件数は100万戸/年間こそ割っているがいまだに90万戸前後の推移 で新築住宅が誕生している。5年に一度実施される国の住宅・土地統計調査では、2013年の空き家数は約820万戸、空き家率は全国平均で13.5%にまで増えており、エニシの商圏である首都圏においても10.0%を超えています。
空き家の増加が続き、空き家のまま放置されれば地域の防犯・防災など様々な問題が生じます。こうした問題を受け国は2015年2月に「空き家対策特別措置法」を施行しました。
このような背景から余った中古住宅を活用するリノベーションビジネスは、市場流通性も向上し、今では一般の方たちにも深く浸透しており、自分好みの家を作る、新築の3分の2の値段で自分の家を持つことが出来るようになった。
この事業は間違いなくこれから飛躍的に伸びる分野であると同時に、空き家問題を解決するために役立つ社会貢献性の高い事業とも言えるのです。